スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田屋事件

祇園祭。
京都の夏を彩る風物詩である。
新選組が、長州志士が集っていた池田屋に踏み込んだのは、元治元年6月5日(1864年7月8日)。ちょうど今の時期でした。(今年の祇園祭は今週末がクライマックスでしょうか)

捕らえた古高俊太郎の自白したところによると、同年6月中に長州藩京都留守居役・桂小五郎と尊攘派一同が御所を焼き討ちし、薩摩・会津両藩を排除して、孝明天皇を長州へ連れ去る、という過激な計画が持ち上げられていたといいます。
これを知った新選組局長・近藤勇はただちに京都守護職・松平容保に通報すると共に、隊士を招集し、京都市中を探索することを決意しました。

後は時代劇などで繰り返し繰り返し、そのときの模様が再現されますので、省略させていただきます(笑)新選組ならびに近藤勇にとって、重要なハイライトシーンでもあります。沖田総司が喀血したのもこの時です。

で、近藤勇率いる一隊が踏み込んだ池田屋の跡地です。
先日行ったら、「池田屋」という名の居酒屋になっていてびっくりしました。wikiを見たら、某居酒屋チェーン店が経営しているとのこと。若い女性たちが店前で足を止め、ケータイのカメラでパシャパシャやっています。店名といい、なかなか良いアイデアで感心しました。

池田屋跡1


 今から十数年前にここを通りかかったとき、パチンコ屋になっていて、客のお兄さん達が店前に行列していたりして、当時の面影も何処にも無くて(当たり前ですが)、がっかりした経験があります。(↓下の写真は4年前の2006年春撮影 まだパチンコ屋だった頃)

池田屋跡3


 2008年6月に通りかかった時は、テナント募集中だった↓

 池田屋跡2


 当時は間口三間半 奥行き十五間 総建坪八十坪、客室合わせて六十畳ほどの規模だったといいます。
 取り壊される前の池田屋の内部を写した写真が、たしか東大の史料編纂所に保管されているはずです。



大きな地図で見る



★ランキング参加中です。下記よりお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ  人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。