スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬および中岡慎太郎の墓

 霊山墓地には維新で力尽きて死んでいった者たちが多数葬られております。
 下の写真は墓地の地図です。(クリックで拡大します)

霊山墓地地図

 これだけ墓標があるので、どこに誰が眠っているのか、よくわかりません。

 墓地の入り口でひとり300円拝観料を払い、中へ。
 多くの人々のお目当てはやはり、こちらでした。
 後から後からひっきりなしに、人々が参拝に来ます。やはり、大河ドラマの影響が大きいようです。

 坂本・中岡の墓2




 坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓です。(クリックで拡大します)

坂本・中岡の墓

 慶應3年11月15日、潜伏中の近江屋にて何者かに襲われ、絶命した龍馬と中岡、そして龍馬の従僕・藤吉が傍らに眠っています。
 二人の遺体は土佐藩邸に移されることなく、近江屋にて葬儀が行われ、同17日の夜に海援隊、陸援隊隊士らの手でこの高台の地に葬られました。
 龍馬と中岡は日本の夜明けをついに見ることなく、凶刃に斃れたのでした。

 坂本・中岡ミニ銅像


 二人の墓からは、ご覧のように京都市街が一望できます。

京都市街

 龍馬がもしあの時暗殺されずに、生きながらえていたら明治の世をどのように生きたのでしょうか。


 ※関連記事  
  龍馬暗殺(前)
  龍馬暗殺(後)


★100名城完全制覇を目指して!皆様からの応援がとても励みになります!★
 にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ 人気ブログランキングへ  


関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(さ行) 有名人の墓(な行)

コメントの投稿

非公開コメント

今晩はv-280v-278


葬儀は近江屋にて行われていたんですね。
しかし、本当にお墓が多過ぎて
人だかりに付いて行くしかなさそうですね。

この夏は龍馬人気で私の地元も更に盛り上がると良いな~
と密かに期待しています(笑)

ゆかちん様

 おはようございます~。またまた、コメントいただき有難うございます。(^^)ノシ

 私、霊山墓地ははじめてだったのですが、なんというか一種の迷路みたいなものですね。
 大体の方は龍馬と中岡の墓参りで帰ってしまってました。

 ゆかちん様は関西のご出身?でいらっしゃるのでしょうか。今年一杯は人の数も多くなりそうですね。

 
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。