スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田三成 ここに生まれる

 小谷城~姉川合戦について見てまいりましたが、ここで番外編です。
 姉川合戦が行われた場所より南の方に、豊臣政権の五奉行の一人であり、「関ヶ原の戦い」で敗軍の将となったかの石田三成(1560~1600)の生誕地があります。

石田三成屋敷跡

石田会館

 屋敷跡と言われる辺りは小字を「治部」と呼ぶそうで、石田三成の官位にちなんだ地名という事がわかります。
 現地には有志の手で、石田三成の銅像や顕彰碑が建てられています。

石田正継屋敷跡

 三成はここ石田村の地侍とも京極氏の被官ともいわれる石田正継の子として永禄3年(1560年)に生まれました。幼名を佐吉といいます。
 三成は十歳すぎた頃、学問修業のため坂田郡山東町にある観音寺という寺に入っていました。
 天正2年(1574年)、豊臣秀が長浜城主になり、石田村の近所で鷹狩をした折に観音寺へ立ち寄り、茶を所望しました。

豊臣秀吉・石田三成像

 その時、秀吉に応接したのが当時15歳位の三成でした。
 三成は、最初大きめの茶碗にぬるめの茶を八分ほど入れたものを秀吉に供し、二度目には同じ茶碗に半分ほど前より少々熱めの茶を淹れ、三度目には小さい茶碗に熱い茶を淹れて秀吉をもてなしました。
 この行き届いた作法に秀吉はいたく感心し、寺の住職に頼んで三成を自分の元へ連れて帰りました。 
 これを「三椀の才」といい、あまりにも有名なエピソードとして知られています。
(写真は、長浜駅前にある秀吉と三成の出会いをテーマとした銅像です)

 ご承知のとおり、この後三成は秀吉の元でメキメキと頭角を現し、立身出世を遂げていくわけです。

 三成や彼の居城である佐和山城については、また機を改めて取り上げたいと思いますが、ひとつだけ指摘しておきますと、あの「関ヶ原の闘い」はよく三成たち豊臣政権下の文治派の官僚と、福島正則、加藤清正といった武闘派との間の齟齬が要因のひとつとなっておきた、と言われています。

 しかし、文治派V武闘派という武将同士の性格の行き違いといった対立構造よりもむしろ、豊臣政権下で後の徳川幕府のような「譜代」と「外様」のような色分けされたシステムがすでになされていて、どうやらその辺りに深い争いの種があったようです。言い換えれば、豊臣政権で、すでに徳川幕府のシステムの萌芽は芽生えていたというわけですね。

 残念ながら、三成は天下分け目の戦いに敗北し、あえない最期を遂げるんですが、司馬遼太郎「関ヶ原」はその時の人間模様がよく描かれています。
 かれこれ、もう30年以上前(私が小学校低学年くらいの頃)だと思いますが、TBSでドラマ化されて、三成を俳優の加藤剛さんが演じましたが、徳川家康に故・森繁久弥さんを配すなど、なかなか重厚な作品です。ビデオ化されているので、機会があったらご覧になられると面白いと思います。
 
 石田屋敷の近所には、やはり有志の手で石田一族の供養塔が建てられており、静かな佇まいの中にあります。
石田三成供養塔




大きな地図で見る

 

★ランキング参加中です。もしよろしければ、応援宜しくお願いします。

  にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ   人気ブログランキングへ
 



関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。