スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あさい」なのか「あざい」なのか

 長浜市浅井町の役場の前を通りかかったところ、浅井長政一家の銅像がありました。
 長政お市夫婦の他、五人の子供たちの仲むつまじい様子が再現されており、後年の悲劇を思うとなんだか切なくなります。

浅井長政一家銅像

 この「浅井町」ですが、それまでは滋賀県東浅井郡浅井町といっていたのが、数年前に長浜市と市町村合併したということです。
 「浅井町」の読みですが、「あざい」という風に濁音で読みます。パソコンで入力しても、「あざい」→「浅井」と変換します。

 この地名の読みに由来して、浅井長政の苗字は「あざい」と濁って読むのだと近年言われてきましたし、テレビ番組などでも「あざいながまさ」という風に濁音で読ませています。
 どなたがそれを最初に指摘したのかはっきりしませんが、かつて浅井氏を研究していらした小和田哲男先生(静岡大学名誉教授)あたりが提唱されたのではないか、と思われます。小和田さんは以前、浅井町の周辺をフィールドワークされていたことがあり、そこからヒントを得たような事をご著書の中で触れていたと記憶しています。

 しかし、最近になって宮島敬一さんという佐賀大学の先生が「浅井長政」の苗字は、元々「あさい」と清音で読んだのではないか?という新説を提起されています。

 宮島氏が吉川弘文館から出された「浅井氏三代」という本の中でそのように提起されたのでくわしくは同書を参照していただきたいのですが、手元に本がないのでうろ覚えですが、もともと浅井の「浅」の字は濁音で読むはずはなく、元々「あさい」と清音で読んでいたものが、なぜか江戸時代頃に「あざい」と濁音で読むように変化したのではないか?という事でした。

 私は専門家でないので素人考えになりますが、私もやはり「あさいながまさ」と清音で読んで良いのではないか、と思います。なぜなら・・・

  人名として読むとき、「あざい」のように濁音で読むのはちょっと音の響き的にも良くないんじゃないかと思うんですね。
 現代でも「浅井」さんという姓の方はいらっしゃいますが、大体が「あさい」と清音で読ませているものしか聞いたことがありません。

 一方、浅井長政を滅ぼした織田信長ですが、あれも織田家の発祥の地である「越前織田庄」は、「おたのしょう」と清音で読むのに、なぜか人名になると「おだ」と濁音になるんですよね。

 言葉って、長い歳月の中で言いやすいように変化していくし、言語的な面からアプローチしても面白い問題提起ではないか、と思います。(まあ、どっちでもいいっちゃいいんですけどねw)

浅井長政一家人形

 上の写真は「浅井歴史民俗資料館・お市の里」(長浜市大依町)という施設に隣接する図書館の中にあった浅井長政一家の人形です。
 浅井長政・お市夫婦と四人のお子さんたちがいます。
 お市が生んだ長政の子、茶々、お初、お江の三人は確実にお市の子のようですが、長男の万福丸はお市が生んだのではなく、長政の前妻かあるいは侍妾が生んだのではないかとの指摘もあります。
 小谷落城後、城を逃れた万福丸は追手につかまり、処刑されてしまうんですね。そのことからも、お市の腹ではない可能性も考えられます。
 次男に万寿丸という子がいますが、この人は落城時赤ちゃんだったので出家することを条件に助命されるんですが、この子もお市が生んだのかはっきりしないようです。

 さらに、最近ではお市の方自体が浅井長政の前に一度別の人に嫁いで離縁になり、長政とは再婚だったという説もあるようです。

 浅井家ポスター

 地元の自治体が作ったこんなポスターもあちらこちらで見ましたが、浅井長政がホンモノより男前すぎます。。。


  りらっくま
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングで「浅井長政」の情報を探す
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。さとと申します。
なかなか興味深い話を有難うございました。新選組でも「山南」を「やまなみ」と読んだり「さんなん」と読んだりしていますが、(どうやら後者が正しいようです)浅井姓もそのような話があるのですね!
全然、知らなかったのでとても興味深かったです。
今後もちょくちょく遊びに来たいと思います。

さと様

はじめまして。コメント有難うございますv-222
新選組の山南敬助ですが、「やまなみ」の根拠はたぶん、新選組の著作のある作家の故・下母沢寛が自著の中でそう書いていたのではないか、と推察しています。
今も昔も、人名の読みってホント難しいですよね~。

はじめまして
さとさんのブログでのコメントのハンネを見て、もしかして真田家好きなのでは…?と思い遊びに来たきつつきと申します
オイラも幸村好き、並びに龍馬好きな道産子でした~
 
オイラもゲームで信長が「あざい長政…」と言っているのを聞いて「あさい」じゃないの…?って思っていたのですが、モバゲーの友人が、ある教授聞いた話では、長く友好関係を保っていた朝倉家が「浅井=あさい」だと浅井家の歴史が「浅くなる」。つまり断絶に繋がってしまうから、わざと濁らせて「あざい」にしたのだ。ということだったそうです
 
まぁしかし、両家とも結局は断絶してしまうのですが…

きつつき様

はじめまして。コメントどうも有難うございました。

バレちゃいましたね。そうなんです・・・当ブログではまだ真田について何も書いてないんですが(汗)、以前からかなりファンですv-221 どうぞ宜しくお願いします。

>長く友好関係を保っていた朝倉家が「浅井=あさい」だと浅井家の歴史が「浅くなる」。つまり断絶に繋がってしまうから、わざと濁らせて「あざい」にしたのだ

この話は初めて伺いました。
浅井氏は朝倉氏にかなり世話になっていますので、そういう話はあったかもしれないですね。興味深いです。ご教示ありがとうございました。v-521

いえいえ[s:20522]

オイラも、物心がついた頃から幸村の名前は知っていたかも…の人間です
まぁその頃は、リアルの幸村(信繁)ではなく、十勇士の大将としての幸村だったと思いますが~(笑)
 
以前、真田家や戦国武将の子孫等が出てくるアニメがあって、そのCVをしていた声優がゲームで幸村役をしていたので、一気に興味が再び湧いてきたんですよね~
 
ときに今日は龍馬のスペシャル番組もあるので、そちらも楽しみます

Re: いえいえ

きつつき様

幸村や武将中でも花形ですし、演じる声優さんも実力派なんでしょうね。近年、ゲームですとかアニメのOVAとか、戦国モノがよくやっているような気がします。最近アニメはほとんど見なくなってしまって、あまり詳しくないのですが(汗)
先日は民放で龍馬の特集やってましたね。高嶋さんのお兄さんが龍馬役でしたが。ですが、途中でサッカーが気になってチャンネルを変えてしまいました。。。

初めまして、merryと申します。
浅井姉妹に関して調べていたら、このページに来ました。
すごく詳しい記事なので、とても勉強になりました。
私も史跡めぐりやお墓めぐりが好きですが、ここまで詳しい知識がないので、恥ずかしいです。
近いうちに、浅井長政一家の銅像や図書館の長政一家の人形など、見に行きたいと思います。

コメント有難うございます

merry様

はじめまして。コメントどうも有難うございました。

当ブログが何か史跡巡りのお役に立てれば幸いです。
現地は自然も残っており、戦国時代をイメージしやすいと思います。ぜひ楽しい旅を!
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。