スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ本丸へ (小谷城 四)

つづき いよいよ本丸へ攻め入ります。本丸は大広間跡のすぐ北側にあり、ここには城主浅井長政が居住していました。

小谷城本丸1

こうしてみると、石垣がよく残っています。
小谷城本丸2

この本丸にあった建物は、後に彦根城に移され、西の丸三重櫓として遺されたという伝承がありましたが、昭和30年に解体修理した際、そのような形跡は確認できなかったため、現在では否定されているようです。

本丸の西側には「御局屋敷」と呼ばれる腰曲輪がありました。↓名前からして、女中衆がここにいたんでしょうか。
小谷城御局屋敷跡

本丸の北側には尾根を遮断する「大堀切」があり、本丸と中の丸とを隔てています。深さ5~10m×幅15m×長さ40mという大規模なもので、大がかりな工事で作られたものであることがわかります。
小谷城大堀切跡

浅井長政が、織田勢に京極丸(後述)を落とされた後も数日間本丸に籠もることが出来たのは、この大堀切があったからとも言われています。
本丸から迂回せずに、直接この堀切へ滑り降りてみたんですが、けっこう急な斜面で女の私には難儀しました(笑)

堀切の先には「中の丸」があります。
小谷城中丸跡1
小谷城中丸2

この「中の丸」は3段構えになっていました。この辺に本丸を守護する家臣たちが詰めていたんでしょうか。
「中の丸」の上段には「刀洗池」があり、この右脇から京極丸へ通じる入り口があります。

小谷城刀洗池

                                    つづく

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    人気ブログランキングへ
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。