スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ今、「最上義光」なのか

 先日(3月21日)、山形市にある山形大学で、シンポジウム「最上義光の世界」が開催されたので、行ってきました。
 
 吉川弘文館という出版社で、“人物叢書”という、日本史上の人物を扱った一連のシリーズがあるのですが、
 奥羽の戦国武将である「最上義光」がつい最近発売され、発売と同時にほぼ売り切れてしまい、たちまち重版決定いうことで、ちょっとした話題になっているとのことです。(くわしくは、ツイッターなどの口コミをご覧ください)

      


 著者の伊藤清郎・山形大学名誉教授の基調講演
 伊藤清郎氏

 ご著書を上梓されての感想、今後の研究課題について述べられておられましたが、最上義光は肖像画が現存しないため、信長、秀吉などと比べ、やはりイメージしにくかったとおっしゃっていました。
 
 午後は、4人の研究者の方が短い持ち時間で研究報告を行いましたが、個人的には関ケ原合戦の後、義光の所領となったという酒田市にある「亀ヶ崎城」の発掘についての話が面白かったです。城跡からは、遺物が豊富に出てきたんだとか。

 シンポジウム最上義光

 最後に、伊藤先生をはじめ登壇された5人の研究者がパネルディスカッションを行いましたが、司会の方が傍聴席にいる研究者数名の方のコメントを求めたものの、一般からは質問を受け付けないなど、どちらかというと、研究者向けの内容だったと思います。
 ある有名研究者の方が指摘していましたが、やはり最上家は早くに改易されているので、史料が散逸してしまったため、よくわからない点が多いとのことです。
 
 
 130人前後の参加者があり、遠方からは、九州の熊本から参加された方もいたようですが、高齢の方が目立ちました。
 なぜ今「最上義光」がアツイのか、私にもよくわかりませんでした。戦国ゲームの影響なんでしょうか?
 私的には、NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」で、故・原田芳雄さんが演じた乱世の梟雄的な・・・「悪役」の義光の印象がものすごく強いです。
 伊藤先生の「最上義光」も入手したので、じっくり読んで、実際の義光の人となりを詳しく知りたいと思いました。ざっと見た感じでは、年譜が詳しく書かれており、活用できるかと思います。



 この日は北風が冷たくて、冬用のコートを着て行って正解でした。山形の春の到来は、まだ少し先のようです。

 シンポジウム概要
 基調講演
「最上義光の世界」 伊藤清郎氏(山形大学名誉教授)

 報 告 
「最上氏の研究史を振り返る―義光を中心に―」 竹井英文氏(東北学院大学)
「城郭出土の瓦からみた最上氏」 齋藤仁氏(山形市教育委員会)
「最上氏と上杉氏」 阿部哲人氏(上杉博物館)
「木簡からみる戦国期の出羽国」 高桑登氏((公財)山形県埋蔵文化財センター)


 
 過去記事 最上義光の墓 附・最上家親・義俊の墓




 関連図書 (未購入ですが、こちらも山形大学の松尾先生が執筆された本です)
 


 【おわび】昨年末より諸事情により多忙で、ブログ放置になるかもしれないので、ご了承ください。


  いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。