スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弘前城が動く!(天守曳屋)

  去る9月13日(日)に、青森県弘前市へ行ってきました。
 JR弘前駅

 実は、東北地方唯一の現存天守を持つ城であり、桜の名所としても有名な弘前のシンボルでもある「弘前城」の天守が、天守台石垣の修理のため、一時的に「お引越し」しているというのです。
 天守の建物を一時的に移動する、この作業は「曳屋(ひきや)」と呼ばれるもので、歴史的な建造物から、現在の家屋まで幅広く行われているようです。
 
 弘前城へ行くのは、実に8年ぶり。下の写真は2007年秋のものです。お約束のアングルですが、朱塗りの「下乗橋」から撮影しています。
 今回行く前に、過去写真を久しぶりに見直してみたんですが、撮影枚数も少なく、しかも下手くそ(汗)
 天守をバッグに私の姿を撮ったものもありましたが、まだ30代だったため若かった。月日の流れは残酷です(笑)
 弘前城A


 さて、8年ぶりの弘前城の天守はどうなっていたでしょうか。
 この日は残念ながら大雨で、あまり写真写りがよくないのが残念です。
 弘前城1
 ご覧のように、天守台には足場が組まれ、天守は内側に移動しています。
 お堀は埋め立てられ、工事用作業車や機材などが置かれていました。

 天守の建物を支えていた石垣が地震などの影響により、外側に膨らむ「はらみ」が目立っています。
 この石垣の崩落を防ぐため、本格的に修復する必要があるのです。
 弘前城3

 実は、この付近の石垣、明治30年(1897年)にも崩落の危機があったため天守を曳屋した修復工事がされていて、今から100年前の大正4年(1915年)に完成を見ました。それ以来の石垣修復工事となります。
 弘前城7


 

 この日は曳屋の作業が一般公開されていたため、工事中の天守の間近で作業の様子を見学することができました。
 曳屋工事では定評のある、山形県米沢市の業者さんが担当しています。
 当日は、天守閣を25度回転させるという作業が行われていました。前期工事のハイライトでもあり、多数の観光客の他、テレビカメラや新聞記者の姿も見受けられました。
 弘前城2


 
  降りしきる雨の中、数名の作業員の方たちが慎重に作業を行っていました。天守の建物をジャッキで持ち上げ、移動のためのレールみたいのが敷かれています。
  テレビのニュースの特集で見ましたが、天守は重要文化財でもあり、建物を傷つけることのないよう、細心の注意を払っての作業ということで、作業員の皆さんも相当気を遣われていることと思われます。
 弘前城5


 来年の春ごろまでに、仮の天守台まで移動し、建物内部の公開が再開されるということです。
 弘前城6

 石垣の修理を終え、天守が元の位置に戻るまでは、約10年ほどかかる予定とのことです。

  100年ぶりのお城のお引越し、この滅多にない機会に、弘前城を訪れてみては如何でしょうか。
  ※城内にいたザリガニ↓
 弘前城8



 

 参考サイト 弘前城石垣修理事業 弘前公園総合情報特設ページ
 


  いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。