スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津久井城開城祭(墓参りイベント)

 先週の日曜日(6月22日)、早朝旦那に叩きおこされました。

 「今日神奈川の方で“墓参り”イベントやるみたいだよ」

 「・・・」
 この日は天気予報でも大雨だそうで、一日家で休養しようと思っていたんですが。
 あまり気のりしなかったのですが、慌てて身支度をして、出かけました。

 どしゃぶりの中、車を飛ばして現地へ到着。(言いそびれましたが、今年からやっと自家用車が来ました)

 神奈川県相模原市にある「神奈川県立津久井湖城山公園」
 その名が示す通り、ここには中世「津久井城」という城がありました。
 かなり広大な公園です。
 詳細については、以下のページにアクセスしてみてください↓
 参考サイト⇒津久井湖城山公園ホームページ
 津久井城9


  園内にある平屋建の研修棟でイベントが開催されました。
 「津久井城開城祭」今年で3回目を数えるそうです。
 聞いたところによると、昨年は園内の広場で大きなイベントをやったそうなのですが、今年は規模を縮小して開催とのこと。
 参加者は20人程度でした。
  津久井城1

 最初に公園の職員の方のガイダンスを聞く。
 「津久井城」は小田原北条氏の家臣であった内藤氏の城で、豊臣秀吉による小田原攻めの際に、徳川軍の本多忠勝・平岩親吉らに攻められ、あえなく落城したといいます。
 話してくれたのは若い男性職員でしたが、発掘された馬について話をしていたので、たぶん大学時代に考古学を専攻していたと思われます。
 津久井城2


 次に、「津久井衆甲冑隊」の方々による寸劇が行われた。
 この家老役の方は一行の中でもご年配だったが、風格があった。
 P6220339.jpg


 お殿様登場。
 津久井城4

 残念ながら数分で劇は終了。
 昨年のイベントでは1時間くらい野外で戦国絵巻を演じたそうです。
 男性の方たちは堂々としていたが、女性の方たちは少々照れがあったみたいです。たぶん、お殿様や家老の役の方は演劇経験のある方だと思われます。

 その後、相模原市教育委員会の学芸員さんから、津久井城の発掘調査について40分くらい話を聞きました。


 講演会終了後、いよいよ墓参りイベントです。
 出陣の法螺貝が吹き鳴らされる。
 津久井城5

 甲冑隊の方たちを先頭に、雨の中参加者は粛々と城下にある津久井城主・内藤氏の菩提寺へ向かう。
 津久井城6

 歩くこと、10分弱で「功雲寺」(曹洞宗)に到着。
 一同、津久井城主「内藤景定」の墓前に集まります。
 津久井城7

 寺伝や地元の伝承では、この中央の墓が「内藤景定の墓」と伝えられてきましたが、近年の研究だと、確実な史料に内藤景定という人物の名前は出てこないそうで・・・。
 最近では、「内藤大和入道―朝行―康行―綱秀―直行」の5代があったというのが定説になっているそうです。
 内藤氏の出自についてははっきりしないが、もともとは扇谷上杉氏の家臣だったらしいです。
 内藤景定墓
 内藤景定墓2

 お殿様役の方を筆頭に、墓前でお線香を手向けました。
 津久井城8
 津久井城11



 こうして、「津久井城開城祭」は無事終了しました。
 日頃、単独で墓参りをしていますので、このような「墓参りイベント」はとても新鮮でした。昨年の大掛かりなイベントに比べると地味なのでしょうが、個人的には墓参が出来たので満足です。
 甲冑隊の方たちも小規模でしたが、「もののふ」の気概が感じられて良かったです。
 公園職員の方たちも、わざわざ仏花と線香を用意するなど、墓参への細やかな配慮が感じられました。皆様、お疲れさまでした。

 津久井城址は曲輪の跡がよく残っているそうなので、晴れていたら散策したのですが、この日は朝から雨がひどかったので今回は撤収することにしました。
 また後日、リベンジしたいと思います。
 津久井城10

 
 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 

 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。