スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマ出没注意!(小谷城 二)

クマ出没注意

 2~3年前に小谷城でが目撃されたそうで、実際現地にもこのような注意書きがありました。こうして見ると、何も知らずにここへ来たら、思わずビビってしまいますよね。熊には罪はありませんが・・・。
 まさか、とは思いましたが、一応熊よけの鈴を持参いたしました。


小谷城駐車場

 山の中腹、金吾丸の手前まで車で入れます。(小さい駐車スペースですが) すでに、5,6台の車が駐車してありました。
 来年、大河ドラマが始まったら、たぶん土日祝はすぐ満車になってしまうのでは?と思われるほどの狭いスペースしかありません。

↓こちらが番所跡です。当時、ここで城内に入る人間をチェックしていたんでしょう。この手前に、地元ボランティアらしき門番さんが2人おられて、地図のコピーを手渡ししてくださいます。
小谷城番所跡

 いよいよ、登城です。とりあえず、左側のゆるい斜面を登りますが、小石がゴロゴロしています。
小谷城道


↓しばらく登りますと「御茶屋跡」の曲輪に着きます。お茶屋とありますが、こちらはれっきとした軍事施設です。
小谷城御茶屋跡


↓もう少し先へ行きますと、「御馬屋跡」です。左手後方に土塁があるのがわかりますでしょうか。
小谷城御馬屋跡

↓馬屋の側には、「馬洗池」があります。ここで馬を洗ったそうです。水は留めていませんが、けっこう広いですね。
小谷城馬洗池

                              つづく

★いつも応援有難うございます。励みになります↓
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。