スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河ドラマ 「軍師官兵衛」展(江戸東京博物館)

 お久しぶりです。
 しばらくブログをさぼっていたら、「スポンサーサイト」がトップに来ていたので、少しだけ更新です。

 東京・両国にある江戸東京博物館で、NH大河ドラマ「軍師官兵衛」展を開催中なので、さっそく行ってきました。

 「軍師官兵衛」展

 でも・・・。
 実はこのわたくし、現在放映中の大河ドラマのほうは第5話くらいで早々に脱落しました。

 今、有岡城攻めぐらいのところですかね?少々、ペースが遅すぎやしないでしょうか。

 ところで展示のほうですが、なかなか貴重な史料が来ており、まとまっているという印象です。


 展示の詳細な部分は時間がないので書きませんが、官兵衛の人生は他の同時代の武将と同様、局面においては常にギリギリのところでの「選択」を迫られていたこと、また家臣団がしっかりしていたこと、親父(孝高)から息子(長政)へのリレーがうまくいったことが、近世大名としての確立につながったのだということがよくわかる内容でした。

 あと、ちょっと小ネタを書いておくと、「官兵衛」は当時は「かんべえ」とは言わず、「かんびょうえ」あるいは「かんぴょうえ」と呼んでいたらしいですね。
 また、今回官兵衛と息子の松寿(長政)の恩人である竹中半兵衛ですが、彼についてはほとんど同時代の史料が残っていないんだそうです。

 国宝、重要文化財級のものが主に黒田家関係史料の所蔵先である福岡市博物館から来ていましたが、ただ残念だったのは、官兵衛が織田信長から賜ったという名刀「圧切(へしきり)長谷部」(国宝)は来ていなかったです。多分、この後福岡市博物館へ巡回する同展では出展されるだろうと思われます。
 例年なら福岡へ遠征しようか、というところですが、今年は諸事情で難しいかも。

 
 ↓会場の雰囲気がわかる動画↓ 官兵衛が家臣の栗山利安に下げ渡した、合子の兜のオリジナルが盛岡から来ています。
 
 (※リンク切 ご容赦ください)

 ところでドラマのほうですが、関西ではそこそこの視聴率らしいですが、関東では低いらしいですね。やっぱり、自分なども播磨近辺の土地勘がないので、いまいちピンと来ないんですよね。

 個人的には、昨年の「八重の桜」の方がキャスティング、ストーリー等良かったような気がします。


 展示は7月13日(日)まで。


 
 参考サイト 江戸東京博物館HP
 

 
 いつも有難うございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私も早速行ってきましたよ

そういえば、再来年の大河は真田ですね!

☆ぽち

Re: こんばんは

 四十路様

 こんばんは。お久しぶりです。コメントどうも有難うございます。

> 私も早速行ってきましたよ
>
> そういえば、再来年の大河は真田ですね!
>
> ☆ぽち


  ブログ拝見しました!
 「真田」ねえ・・・どうなんですかね(笑)色々思うところがありますが。

 ぽちも有難うございます。

こんにちは

姫路城前に、「大河ドラマ館」ってのが来年まで設置されています。
大河ドラマの衣装展示やセット等でしたので、内容的にはイマイチでした。
こちらの博物館の方が、良さそうですね。
大阪でもして欲しいなぁ~
ドラマ館で、一番良かったのは、出演者のサイン色紙(笑)
特に、NHKで2回も豊臣秀吉役を好演された事を書かれた竹中直人さんの色紙が好きでした。

Re: こんにちは

taiho様

 こんばんは。コメント有難うございます。レスが遅くなり、申し訳ございません。


> 姫路城前に、「大河ドラマ館」ってのが来年まで設置されています。
> 大河ドラマの衣装展示やセット等でしたので、内容的にはイマイチでした。
> こちらの博物館の方が、良さそうですね。
> 大阪でもして欲しいなぁ~
> ドラマ館で、一番良かったのは、出演者のサイン色紙(笑)
> 特に、NHKで2回も豊臣秀吉役を好演された事を書かれた竹中直人さんの色紙が好きでした。


 姫路ですが、今年の春先に行こうかなと思っていたのですが、ついに行けずじまいでした。
 「大河ドラマ館」は、やはり限界もありますよね。著作権の問題もあって、写真撮影などもあまりできませんし。
 「サイン色紙」、ちょっと見てみたいですね~。今年姫路へ行くチャンスがあったら、話のタネによってみたいと思います。
 
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。