スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼壮烈!岩屋城(5)

 嗚呼壮烈!岩屋城(4) のつづき

 岩屋城の本丸跡を出て、北の方角へ山道を歩いていくと、古代の城、「大野城」の遺跡がある増長天地区へ至りました。
 発掘調査の結果、倉庫?らしき建物の礎石が出てきたそうです。
 
 大野城増長天地区

 
 礎石群を横目に見ながら、さらに歩いて行きますと、高橋紹運の辞世の句が刻まれた石碑がありました。

 「流れての末の世遠く埋もれぬ 名をや岩屋の苔の下水」 (『陰徳太平記』)
 高橋紹運辞世

 この付近に数台停められる駐車場がありますので、車で来る方は利用されるといいでしょう。

 
 辞世碑のすぐ側に、やはり「大野城口城門跡」がありました。人が多くてわかりずらいですが、ここに石垣と門の礎石があります。

 大宰府口城門跡2

 城門跡の左手下方3mくらいのところに、石垣のようなものがあります。
 この石垣?を「石こづんばば」といって、岩屋城落城にまつわる伝説があります。

 「岩屋城を取り囲んだ島津軍だったが、高橋勢の必死の応戦により味方に多数の死傷者を出し、攻めあぐねていた。
 そこで、城の水の道を断つことを思いつき、里の欲深い老婆に金を与えて水口を案内させた。さすがの高橋勢も水を断たれてしまい、ついに全員討死した。
 戦の後、水口を教えた老婆の噂は広まった。高橋紹運を慕っていた里人たちは怒り、裏切り者の老婆を捕えて水場の側へ連れていき、頭から大石小石を積み重ねて生き埋めにしてしまった」
 
 しかし、この石垣?は中世のものではなく、やはり大野城の石垣の一部だそうです。石垣の下にかすかな水の流れが今でもあるとのこと。
 大宰府口城門跡1


  大野城口城門跡を見学後、もと来た道を下っていきます。
  かなりの距離を歩いてきたにもかかわらず、皆さん疲れもみせず、お元気です。
  岩屋城4



 長かった岩屋城攻めですが、次回で終了です。



 いつも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ   
関連記事

テーマ : 城巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。