スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼壮烈!岩屋城(2)

 嗚呼壮烈!岩屋城(1) のつづき

 高橋紹運首塚から北へやはり15分強歩いていくと、「観世音寺」(天台宗)という古刹がありました。
 大宰府政庁の東側に位置します。

 なんでも、中大兄皇子(後の天智天皇)が母・斉明天皇の菩提を弔うために発願したという寺院なのです(古!)
 完成をみたのは、80年後の聖武天皇の御世、天平18年(746年)だということです。往時は七堂伽藍を有する九州一の寺院だったそうですが。。。現在は江戸時代に再建された講堂と金堂があるのみです。

 お寺の由来はほどほどにして、「岩屋城」の戦いの折、この寺に島津軍が陣を置いたといいます。
 観世音寺

 
 寺の敷地内に、満開のコスモス畑がありました。心和む風景。。。
 観世音寺2



 寺の道を挟んだ北側に、観世音寺の鎮守である「日吉神社」があります。
 日吉神社

 九州を平定した豊臣秀吉が、帰路大宰府に立ち寄り、ここ日吉神社に陣を張りました。
 しかし、観世音寺の別当が秀吉のことをよく知らずに、輿に乗ったまま応対してしまい、この無礼な態度に激怒した秀吉は観世音寺の寺領100町のみ残し、残りはすべて没収してしまったといいます。


 観世音寺の裏手を歩いていると、「岩屋城址」が見えてきました。これから、あの山に登るのです!

 岩屋城址


 岩屋城のある四天王寺山の麓まで歩いてきました。(観世音寺から北へ600m付近)
 ここには、「推定金光寺」という中世の寺院跡があります。発掘調査をしたところ、建物の礎石や火葬場、墓地跡が見つかったとか。観世音寺の子院だったらしいですが、詳細はよくわからないようです。
 学芸員さんの話だと、子ども用下駄や女性の櫛や笄が発掘されたので、武士の居館だった可能性もあり、もしかしたら岩屋城の麓の居館がこの辺りにあったのでは??・・・という話でした。

 推定金光寺



 次回はいよいよ、岩屋城本丸を目指します。




 いつも有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 城巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。