スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「敗者」から「国母」へ・・・秋篠宮妃紀子様と会津藩士・池上家

 NHK大河ドラマ「八重の桜」も、とうとう今日で放送終了してしまいました。(といっても、今日外出していたので、まだ最終回を見ていません)

 これをもちまして、会津の話も幕を閉じましたので、最後に番外編として記します。(※ここのところ墓の写真ばかりで、スミマセン!)
 



  秋篠宮妃紀子様 (いつもお美しい・・・ため息がでます) 
  実はご先祖様は会津藩士でした。
   秋篠宮妃紀子様


  紀子様の父方の曽祖父、池上四郎(1857~1929) は会津藩士・池上武輔の4男として生まれました。会津藩家中でも250石取りの上級藩士の家です。

 会津戦争時は12歳だったため、年齢制限のため「白虎隊」には入隊できず、若松城に籠城していたということです。
  明治維新後は一家で斗南へ移住するも窮乏の生活が続き、四郎は上京して苦学しながら勉学に励み、やがて警視局巡査として採用され、地方の警察署長、部長等を歴任。
  44歳の時、大阪府の警部長となり、13年間にわたり大阪の治安維持につとめました。
  大正2年(1913)、四郎57歳の時にそれまでの手腕を買われ、大阪市長に就任します。在任中は、市財政の健全化、大阪のインフラ整備に尽力したそうです。
  また、関東大震災の折には大阪港よりいち早く支援物資を関東へ送ったということです。
  大阪市長退任後は朝鮮総督府政務総監に就任しますが、昭和4年(1929年)任期半ばで病気に倒れ、死去。享年73歳でした。
  なお、大阪・天王寺公園には四郎の功績を讃え、銅像が建てられたそうです。

 
  福島県会津若松市栄町にある「興徳寺」。
  寺の境内には「秋篠宮妃紀子さま父方御先祖 会津藩士池上家の墓が墓地中央にある」と看板がありました。
   池上家の墓3

   
  同寺の墓地内に池上家の墓がありました。数年前、市内で墓めぐりをしていた際、偶然見つけました。
 池上家の墓1


  墓石の裏面には、紀子様の曽祖父、池上四郎の名前が刻まれていました。「明治四十年七月建之」と記されています。
  四郎が会津にいたのは少年時のわずかな間でしたが、心は生涯会津にあったのでしょう。
 池上家の墓2

  
 
 160年前、池上四郎は「敗者」として辛酸を舐めましたが、時代は変わり、そのご子孫である紀子様は宮妃となられ、平成18年(2006年)には悠仁親王様をご出産。皇統を守るという大きな務めを果たされ、将来は「国母」となられます。
 墓前で、つくづく歴史的な運命を感じずにはいられませんでした。

   紀子様悠仁様


 会津人のこころが、お母様から幼い親王様へと受け継がれていきますように。



   紀子様高祖父、「箱館戦争」を戦う(小菅智淵の墓) へつづく

 


参考サイト 会津人物伝「池上四郎」(会津若松市サイト内)
        秋篠宮紀子妃系図(近現代・系図ワールド)


  
  
3LDKのプリンセス 「紀子さま」物語3LDKのプリンセス 「紀子さま」物語
(2013/07/22)
川崎順平、ブレーン出版編集部 他

商品詳細を見る



  
DVDマガジン 皇室の20世紀~秋篠宮さま・紀子さまの絆~DVDマガジン 皇室の20世紀~秋篠宮さま・紀子さまの絆~
(2010/07/20)
不明

商品詳細を見る

  

  
秋篠宮ご夫妻ご結婚20周年特別出版悠仁さま 2010年 8/1号 [雑誌]秋篠宮ご夫妻ご結婚20周年特別出版悠仁さま 2010年 8/1号 [雑誌]
(2010/06/25)
不明

商品詳細を見る




 いつもご覧いただき、有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

むむっ

「興徳寺」といえば、蒲生氏郷の墓所が有るところですね。
実は小生も、池上四郎が撮影出来てない場所でした(泣)。

Re: むむっ

 酔いどれJohnny様

 おはようございます。コメントどうも有難うございます。

> 「興徳寺」といえば、蒲生氏郷の墓所が有るところですね。
> 実は小生も、池上四郎が撮影出来てない場所でした(泣)。

 蒲生氏郷の「遺髪塚」を探しているときに、偶然発見しました。
 次回、会津へ行かれたらお参りしてみてください。
 同所には他にも会津藩士の墓がありましたよ。


こんばんは

私も龍造寺伯庵の墓を探していたときに発見しました(笑)
でも、ブログには載せてないな~
☆ぽち

Re: こんばんは

 四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 私も龍造寺伯庵の墓を探していたときに発見しました(笑)
> でも、ブログには載せてないな~
> ☆ぽち


 「龍造寺伯庵」ですか。今まですっかり忘れていました(笑)
 さっそく過去の写真データを見ていたら、伯庵の墓もバッチリ撮影していましたよ(笑)でもブログにはまだ載せてないですね(汗)

 ☆ぽちも有難うございます♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。