スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本覚馬の墓 および山本家、新島家の墓(同志社墓地3)

 新島八重の墓 つづき

 
 山本覚馬の墓

 八重の実兄、山本覚馬のお墓です。
 ドラマの中でも触れられましたが、覚馬は維新後に購入した旧薩摩藩邸の土地を提供するなど、同志社設立の影の立役者でした。
 覚馬は合理的な精神の持ち主であり、晩年は盲目になりながらも、新しい時代を築くための努力を最後まで惜しまなかった人だと思います。
 明治25年(1892年)12月28日死去。
 俳優、西島秀俊さんの好演も良かったです。
 山本覚馬の墓



 山本久栄の墓

 久栄は覚馬と2番目の妻、小田時栄との間に生まれた娘。
 ドラマの中でも触れられましたが、徳富蘇峰の弟、健次郎(後の蘆花)と恋に落ちます。
 しかし、新島襄や叔母の八重らは、この若い二人の恋愛を認めず、二人は破局してしまいます。
 明治26年、久栄は23才という若さで病没。
 徳富蘆花は後々までこの苦い恋愛を引きずり、彼女とのことを『黒い眼と茶色の目』という小説に書きました。

 山本久栄の墓




 山本家の墓。覚馬・八重の両親である権八、佐久夫妻、および弟・三郎の墓。
 山本家の墓



 新島家の墓。襄の両親である新島民治、登美夫妻、襄の妹・美代、襄の養子・公義の墓。
 新島家の墓

 

 その他、同墓地には同志社大学の関係者の墓が複数ありましたが、ドラマとは無関係なので省略させていただきます。 ⇒追記あり

 この日、八重の墓目当ての人以外にも、同墓地に眠っている同志社関係者のご遺族と思われる方などが墓参に来られていて、キリスト教の祈りを捧げていました。
 墓地の周囲には同志社関係者ではない、一般のキリスト教信者の墓が多数ありました。多分、明治の頃はキリスト教が差別されていたので、こういう不便な場所に墓地を求めざるをえなかったのでしょう。

 うちの主人も今回一緒に墓参してくれたのですが、さすがに往復はくたびれてしまったようで、
 「ここへまた来ることは流石にないだろうと思う・・・」と言っていました。同行させてしまって申し訳ない思いにかられました(泣)。
 墓地への道は、舗装されているわけではないので、正直行きづらいです。墓参の際は足元にご注意ください。

 今年一年、ドラマの影響でずいぶんと騒がしかったでしょうが、再び静寂が戻るのではないでしょうか。



関連記事  山川浩(大蔵)の墓
 
 
   *******************************

 
 下ってきて、少し歩いていたところに小さなクレープ屋さんがあったので、そこでフルーツ入りのクレープを食べました。
 クレープなんて久しぶりでしたが、墓参で小腹が空いてたので美味しかったです。
 クレープ屋1
 クレープ屋2





  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

「同志社大学墓地」は京都でも行って見たい場所なので助かりました(感謝)。

Re: Johnny様

 酔いどれJohnny様
 
こんばんは。コメントどうも有難うございます。(返信が遅くなりました)

> 「同志社大学墓地」は京都でも行って見たい場所なので助かりました(感謝)。

 いえいえ。どういたしまして。
 やはり、ちょっと行きづらい場所ですので、脚を痛めないようご注意ください。
 あと、蚊の対策もお忘れなく。。。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。