スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴ヶ城(会津若松城)を守った男・・・遠藤敬止の墓

 仙台市内の墓めぐり続きです。


 遠藤敬止(1851~1904年)の墓
 遠藤敬止の墓

 会津藩士。幕府開成所にて英語を学ぶ。
 会津戦争では鶴ヶ城籠城に参加するが、敗戦後は捕われの身となる。
 赦免の後、慶応義塾で経済学、簿記学を学ぶ。
 その後、実業界に入り、渋沢栄一の推薦により仙台の七十七銀行頭取に就任。また、仙台商工会議所初代会頭となる。
 明治23年新政府によって鶴ヶ城が競売に付された時、私財2500円(現在だと数億円)もの大金をなげうって落札、松平家へ献上した。
 (後に城址は松平家より会津若松市へ売却された)

 会津若松城




 鶴ヶ城が今あるのは、この方のおかげなのです。
 ですから、彼の功績を讃え、城址には「遠藤敬止翁頌徳碑」があります。
 遠藤敬止頌徳碑


 遠藤敬止の墓の手前には、弟の遠藤嘉龍二の墓があります。
 会津戦争時、嘉龍二は白虎隊寄合1番隊として出陣しますが、喜多方熊倉で負傷。その傷が元で若い命を落としました。
 なお、彼の墓は会津の飯盛山にもあります。
 遠藤嘉龍二の墓


 うちの主人のご先祖は寄合2番隊でしたので、おそらく遠藤家と同等クラスの家格だったと思われます。
 「お城を守っていただき、どうも有難うございます」
 主人と共に、遠藤兄弟の冥福を祈りました。


 
  充国寺(仙台市青葉区新坂町17-1)




  関連記事 飯沼貞吉の墓

 
 いつもご覧いただき、ありがとうございます
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。