スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国武将の誇りと祈り~九州の覇権のゆくえ~(九州歴史資料館)

 先日、遠征して久しぶりに福岡県へ行ってきました。(このところ、少々疲労していて、更新する元気がでませんでした。。。)
 
 小郡市にある旧州歴史資料館では、現在「戦国武将の誇りと祈り~九州の覇権のゆくえ~」が開催中です。
 戦国武将の誇りと祈り


 上に写真を出しておきましたが、このポスターというのがけっこうインパクトありまして、5人の武将の肖像画が載せられています。すなわち、、、
 大内義隆、大友宗麟、竜造寺隆信、島津義弘そして豊臣秀吉です。(※もちろん、展示では彼ら以外の武将も取り上げられています)
 展示内容は、秀吉が九州を平定するまでの群雄割拠する戦国武将たちの動向や、戦いにあけくれる日々の中での彼らの信仰に焦点をあてています。
 3分の1くらいは以前一度見たことのあるものでしたが、竜造寺隆信関係の史料などは珍しく、勉強になりました。
 文献資料と考古資料がバランスよく配分された展示だったと思いました。福岡は古代から開けた土地でしたから、発掘すると色々出てくるみたいですね。
 
 私、どうも関東の戦国時代にあまり興味がわかなくて、むしろ西日本の戦国時代に興味を惹かれるんですよね。。。
 東京でもこういった武将展をやってくれるといいんですが、なかなかお目にかかれないですね。
 来年のNHK大河ドラマが戦国時代なので、幕末モードから戦国モードにスイッチが入りかけのワタクシなのでありました。
 連休とあって、家族連れで来られている方もいました。幼稚園児くらいのお子さんが大友宗麟の鎧を珍しそうに眺めていたり、ほほえましかったです。

 詳細は下方↓の方に博物館へのリンクを貼っておきましたので、そちらでご覧ください。展示は今週末の10日(日)までですので、お急ぎください!   ※図録あり


  参考サイト 九州歴史資料館 (福岡県小郡市三沢5208-3)
          


 
 九州歴史資料館は3年前に、大宰府から現地へ移転したそうで、県立の博物館だそうです。もともとは考古系の博物館だったらしいですが、移転してからは考古以外の分野も扱うようになったとか。。
 なかなかきれいな博物館でした。
 九州歴史資料館


 今回、せっかく福岡まで行ったのに初日に大雨に降られ、ほとんど墓参をはじめとする史跡巡りができませんでした(泣)
 なお、同展示に関連するイベントに参加してきたので、それについてはまた後日。

 【追記】関連イベントの模様 ⇒ 嗚呼壮烈!岩屋城(1)



  



 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ   
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。