スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩倉具視幽棲旧宅(国史跡) 附「岩倉具視遺髪碑」

  【特別公開】岩倉具視の幕末維新(京都市歴史資料館) のつづき

 幕末~明治維新に活躍した公家、岩倉具視(1825-1883年)に関する展示を見たので、せっかくですので、彼が一時住んだという住居を見に行くことにしました。

   岩倉具視


 地下鉄「国際会館」駅から路線バスに乗ること約15分。

 国史跡 「岩倉具視幽棲旧宅」 (京都市左京区岩倉上蔵町100)
 岩倉旧宅2
 

 【現地パンフレットより】
 岩倉具視は,明治維新における王政復古に力を注いだ幕末,明治期の代表的な政治家です。文政2年(1825)に参議正三位堀河康親(やすちか)の次男として生まれたのち,天保9年(1838)に公卿岩倉具慶(ともやす)の養子となります。安政元年(1854)には孝明天皇の侍従となり,次第に朝廷内において台頭し,発言力を増してきました。そのような中で公武合体をすすめるため孝明天皇の妹,和宮の将軍家への降嫁を推進したことにより,尊皇攘夷派から佐幕派の巨頭と見られるに至り,文久2年(1862)に攘夷運動の高まりの中で辞官落飾し,洛北の岩倉村に慶応3年(1867)までの間幽棲したのがこの旧宅です。
 岩倉具視は,文久4年(1864)に大工藤吉の居宅(現在の附属屋)を購入し,主屋と繋屋を増築して住居としました。
 当史跡は周囲を塀で囲まれ,居宅は茅葺の主屋(約60㎡)と瓦葺の附属屋(約67㎡),繋屋(約9㎡)から成ります。他に敷地の南土塀に表門を構え,門を入って主屋南庭に通じる中門,池庭,離れの便所によって構成されています。平成20年(2008)から4箇年をかけて,京都市が文化観光資源保護基金を活用し,かつ国庫補助を得て,本格的な修理を行いました。また,敷地の東側には,展示・収蔵施設である対岳文庫(国登録文化財)と管理事務所があります。
 平成25年にこの史跡を長年にわたって守り続けてこられました財団法人岩倉公旧蹟保存会から本市が寄付を受け,貴重な財産として引き続き維持管理することになりました。


 4年の歳月をかけて修復したそうですので、このように家屋の状態は良かったです。こちらの主屋は岩倉が建て増しした方です。
 岩倉は失脚後、この地で不遇な蟄居生活を送っていましたが、大久保利通ら薩摩藩の人々をはじめ反幕派志士たちと連絡をとり、またも『叢裡鳴虫』といった政治意見書も書きました。虎視眈々と再び世に出る機会をうかがっていたのでしょう。 
岩倉旧宅1


 内部は立入禁止ですが、外側から座敷を撮影してみました。
  岩倉旧宅3


 建物も歴史を感じさせて良いですが、個人的にはこちらに注目。
 岩倉具視の「遺髪碑」です。墓石には漢文で、彼の事績について刻まれていました。
 なお、岩倉の墓は東京の海晏寺という寺にあるのですが、非公開のためお参りできません。
岩倉碑1

 
 その隣には、具定、具経という息子さんたちの碑もあります。
 岩倉碑2


 敷地内にある「対岳文庫」
 岩倉具視の遺品類や関係資料を収める建物で、高名な建築家、武田伍一(京都帝国大学教授)設計の鉄筋コンクリートの洋館です。前述しましたが、遺品類、資料のほとんどはこの春に京都市に寄贈されました。
 (内部撮影不可)
 対岳文庫


 岩倉具視は隠棲していた5年間、村人たちとも交流があり、明治維新後も岩倉村の人々への恩を忘れず、交流を絶やさなかったそうです。

 この辺りには今回初めて来ましたが、現在は宅地化されてますけれども、当時は自然に囲まれた静かな土地だったのだろうと思いました。
 それにしても、京都市内にはところどころに色々な史跡がありますね。改めて奥の深さを感じました。


  
岩倉具視 (幕末維新の個性)岩倉具視 (幕末維新の個性)
(2006/01)
佐々木 克

商品詳細を見る





 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。