スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本覚馬・新島八重生家(おさらい)

 NHK大河ドラマ「八重の桜」の前回放送『襄と行く会津』(10月20日放映)を見ていたところ、新島襄・八重夫婦が八重のふるさと会津若松を訪れるという内容でした。
 
 そして、辺りの様子がすっかり変わってしまった生家跡を訪れた八重の回想シーン 
「思いかえせば、ひとつひとつが愛おしくて、大事なものはみんなここにあったんです」と述懐する八重のセリフがありました。

 会津・鶴ヶ城の西の方角に、八重の生まれ育った家の跡があります。(会津若松市米代2丁目)
 八重の実家は上士ですから、住居もお城から近かったんです。(歩いて10分以内くらいのところ)
 現在は民家の玄関先に同志社大学が建てた「山本覚馬・新島八重生誕の地」の石碑があります。
 山本覚馬・八重生家跡1


 しかし、本来山本家があった場所はこの石碑がある場所ではなくて、実際はこのお宅から50mくらい先にあります。
 石碑の前にいた観光客が石碑を見て帰ろうとしていたので、「本当の家の跡はこの先にありますよ」と教えてあげました。
  山本覚馬・八重生家跡2


 山本家があった本来の場所がこちら。現在は駐車場になっております。
 山本覚馬・八重生家跡3


 駐車場に臨時に建てられている説明板の地図です。
 山本家は比較的間口が狭く、土地は長方形ですね。右隣が伊東家、近所には日向家、高木家がありました。
 山本覚馬・八重生家跡4

 ドラマでは自宅内に、銃の試射場「角場」が出てきますが、あれはドラマ上のフィクションだそうです。
 実際現地へ行くと、かなり狭い土地ですので、角場があったかどうかは微妙ですね。

 八重の家から数分のところには、藩校「日新館」がありました。
 現在は天文台の跡だけを残すのみとなっていて、周囲は民家になっています。
 日新館跡

 これらの写真も、ドラマの進行に合わせてもう少し早くアップしたかったのですが、引っ越し等が重なり、遅くなってしまいました。(2013年5月撮影)

 ドラマもあと残すところ7回になりました。(早いもので、もう10月下旬ですもんね)すでに、出演者およびスタッフによる打ち上げも済んだそうです。
 しっかりしたドラマなのに、視聴率が思ったほど伸びなかったのが残念ですね・・・。



 参考サイト 大河ドラマ「八重の桜」公式サイト 


 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ     
関連記事

テーマ : 大河ドラマ 八重の桜
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

え~っ!
私も石碑しか見ないで帰っちゃいましたよ(笑)
また行かなきゃですね~

そろそろ再来年の大河が決まる頃ですね。

ぽち☆

おおっ、天文台 懐かしいです。
小生は2011年に行ったので、天文台の「笠」の部分が落ちていて上にも上がれませんでした。

しかし、そんな近くに山本家が有ったなんて・・・

次回再訪の折は行ってみたいです。

Re: こんばんは

 四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> え~っ!
> 私も石碑しか見ないで帰っちゃいましたよ(笑)
> また行かなきゃですね~
>
> そろそろ再来年の大河が決まる頃ですね。
>
> ぽち☆


 あらら・・・それは残念でしたね。でも、以前は案内板などが無かったから、わかりにくかったかもしれませんね。

 再来年の大河ですが、木村拓哉さん主演という噂が出てましたけど、どうなるんですかね??

 ぽち☆も有難うございます。(^^)♪

Re: タイトルなし

 酔いどれJohnny様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> おおっ、天文台 懐かしいです。
> 小生は2011年に行ったので、天文台の「笠」の部分が落ちていて上にも上がれませんでした。
>
> しかし、そんな近くに山本家が有ったなんて・・・
>
> 次回再訪の折は行ってみたいです。


 2011年ですと、震災直後ですよね。現在は天文台のところに上がれるようになっています。
 
 八重の家はすぐ近所ですので、ぜひ次回再訪してみてくださいね。会津若松はけっこう史跡が広範囲なので、奥が深いです。。。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。