スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婆裟羅たちの武装(土浦市立博物館)[後]

 婆裟羅たちの武装(土浦市立博物館)[前] のつづき

 茨城県土浦市にある土浦市立博物館で開催中(5月6日まで)の特別展「婆裟羅たちの武装」ですが、前述したように人気ゲームソフト「戦国BASARA」(株式会社カプコン)とのコラボ企画となっており、関連イベントが実施されました。

 土浦市内の観光施設にスタンプ台が設置され、5つスタンプを集めるごとに、「戦国BASARA」イラスト入りクリアケースをゲット出来るというものです。
 どうやら、お子さん向けのイベントという印象でしたが、年甲斐もなく参加してしまいました。(´・ω・`)

 土浦駅東口観光物産案内所「きらら館」
 ここで、市立博物館の入場券を購入しますとスタンプ台紙を一緒にもらえます。スタンプ台の脇にはゲームキャラクター「立花宗茂」のパネルが。
 戦国BASARAスタンプラリー1


 JR土浦駅構内だけで3つスタンプをゲット。その後、博物館への道すがら協賛小売店の店先に設置されたスタンプを押印していきます。

 ホテル・ベルズイン土浦にて (「島津義弘」のパネル)
 戦国BASARAスタンプラリー2


 天ぷら屋「ほたて」にて (「小早川秀秋」の手描きイラスト)
 戦国BASARAスタンプラリー3

 
          ・・・・(中略)・・・・


 そして、全部で15か所のスタンプを集め、博物館前の引換所にて「春・夏・秋」バージョン3種類のクリアファイルを頂けました。(3月下旬撮影)
 戦国BASARAスタンプラリー4

 戦国BASARAスタンプラリー6


 多くの人々がスタンプラリーに参加したため、あっという間にはけてしまったとのこと。
 その後、追加企画として「冬」バージョンのクリアファイル配布を始めました。(4月末撮影)
 戦国BASARAスタンプラリー5


 途中でスタンプラリー参加者にすれ違いましたが、ほとんどが小学生くらいのお子さん連れのファミリーでしたが、高校生・大学生くらいの方、ご年配の世代の姿もお見かけしました。



     *************************


 一方、博物館内では「戦国BASARA」キャラクターのパネルと記念撮影できるスペースが設けられ、ちょうど春休み中ということもあって、こちらも親子連れで混み合っていました。
 婆裟羅たちの武装5

 兜を着けて、ハイポーズ!
 婆裟羅たちの武装6

 展示ホールではキャラクターイラストを展示。「腐女子」?っぽい女の子たちが熱心に見入っていました。
 婆裟羅たちの武装7



 【個人的な感想】

 自治体の博物館がゲーム会社とこのようなコラボ企画を開催するというのは非常に珍しいと思います。今回の場合、この新しい試みが功を奏し、すでに4月の段階で入館者が2万人超えしたそうです。(同館の年間入館者数にほぼ匹敵)
 日頃、博物館には滅多に訪れない層が大挙して来られたという感じです。博物館の希望としては、若い世代がこれを機に歴史や博物館に関心を持ってほしいというところだと思います。
 ここ数年、全国の博物館を行脚してきましたが、閑古鳥が鳴いている施設も少なくない現状があり、こういった斬新な試みも一つの方策ではないかと思われます。施設側の一方通行的な趣向ではなく、来館者が何に関心があるのか、という事を意識した取り組みといいますかね。
 若い世代はやはりゲーム世代というか、私は自分に子供がいないせいもあって今のお子さんたちの趣向がわからなかったので、今回世代間ギャップを改めて感じた次第。

 ただ、私的には例年の地味めな企画というか、地元のおじいちゃんがちらほら見学しに来ているようないつもの展示のほうが落ち着いて見れたかな・・・と思いましたが(笑) 
 今回の企画が一過性に終わらないよう、今後も楽しい展示企画を期待しております。


参考サイト 土浦市立博物館
        株式会社カプコン

 
 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ   
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

これをきっかけに、若い人が歴史に興味を持ってくれるといいですね。
まあ、私も“信長の野望”というゲームから入りましたから(笑)

スタンプに、松平信一とかマニアックな武将がありますが
若い人には人気の武将なのでしょうか?

ぽちっとな

Re: こんばんは

 四十路様

 こんにちは。コメント有難うございます。ご返事が遅くなり、申し訳ありません。

> これをきっかけに、若い人が歴史に興味を持ってくれるといいですね。
> まあ、私も“信長の野望”というゲームから入りましたから(笑)
>
> スタンプに、松平信一とかマニアックな武将がありますが
> 若い人には人気の武将なのでしょうか?
>
> ぽちっとな


 「信長の野望」から歴史好きになったという方はよく聞きますね。
 私は長く実家にいて、親がゲーム等が大嫌いだったため、あまり経験できないまま大人になってしまいましたのでやったことがないのが残念です。
 最近の戦国ゲームについてはあまり詳しくないのですが、若い人の方が頭が柔軟なのか、マイナー武将をよく知っていたりして驚かされます。
 「松平信一」はどうなんでしょうか。(今回、葵紋が入った家康から下賜されたという甲冑が展示されてましたが)若い人はご存じなのかな。。。

 今回の展示でも、小学生くらいの子でもマンガっぽい歴史の本を片手に展示を見にきている子がいたりして、なかなかあなどれませんね(笑)

 ぽち☆も有難うございます。(^^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。