スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲佐の浜

 奉納山公園の中腹、出雲阿国を顕彰した「阿国塔」よりさらに上方へ登っていくと、展望台がありました。

 奉納山公園1

 
 展望台に上がってみますと・・・西の方角に渚が見えました。
 「稲佐の浜」
 太古の昔、天照大神(アマテラスオオミカミ)が建御雷神(タケミカヅチ)を遣わし、大国主神(オオクニヌシノカミ)に天孫への「国譲り」を要求したといういわれのある場所です。
 その際、建御雷神が浪間に剣を逆さに突き立て、大国主神を威圧して「否(いな)、然(さ)」(つまりNOかYESか)と迫ったことから、この名前がついたといわれています。
 大国主神がその交換条件として、自分が隠棲するための壮大な建物を用意してくれるよう申し出たので、天照大神が浜辺のすぐ近くに造らせたのが天日隅宮(あまのひすみのみや)、すなわちこれこそが出雲大社の起源だといいます。

 稲佐の浜は「なぎさ百選」にも選定されているそうで、たしかに遠目に見ても美しい風景でした。
 稲佐の浜1

 
 一方、北側の小高い山の方は紅葉していました。
 奉納山公園2


 たしかに眺めは良い場所でしたが、いかんせん海風が強くて、凍えてきてしまったので早々に降りてきました。
 ついでなので、稲佐の浜まで行ってみることに。
 毎年旧暦10月10日には浜辺で御神火を焚き、八百万の神を迎い入れるという「神迎神事」が行われています。(昨年はちょうど私が行った日の前日に行われていたようです)
 稲佐の浜4


 浜辺に小さな島?のようなものがあり、小さな社が見えていますが、人々が恭しく祈りを捧げているのが見えました。
 稲佐の浜3



 「弁天島」
 古くは「沖御前」といい、遥か沖にあったらしいです。昭和60年前後までは、島の前まで波が打ち寄せていましたが、近年急に砂浜が広がり、現在では島の前まで歩いていけるようになったそうです。
 江戸時代までは「弁財天」が祀られていましたが、現在は豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。
 なんでもこちらもまた「パワースポット」だそうで、他の人々と同様、私も祈りを捧げておきました。
  稲佐の浜2


 聞いたところでは、夕景もひときわ美しいそうです。
 ここから北へ海岸沿いの道を行くと日御碕灯台へ至りますが、そこまで数キロの距離があり、車がないと行けなさそうだったので、こちらで撤収しました。
 今回は遠路はるばるやってきた割には、出雲大社と博物館だけで終わってしまったというか、またいずれゆっくり来てみたい場所ですね・・・。

 
 
より大きな地図で 稲佐の浜 を表示

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

最近は砂浜が痩せる方向で問題になる海岸の方が多い中で、弁天島は逆なのですか。何か潮の流れを変えてしまうものが出来たんでしょうか。

Re: タイトルなし

 kanageohis1964様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> こんにちは。
>
> 最近は砂浜が痩せる方向で問題になる海岸の方が多い中で、弁天島は逆なのですか。何か潮の流れを変えてしまうものが出来たんでしょうか。


 そうですね・・・現状のようになった理由はよくわからないのですけども。。。
 冬の日本海にしては、波はおだやかでした。
 やはり、神々のパワーの影響でしょうかね(笑)浜辺にゴミなどもなく、地域の人々によって美しく保たれています。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。