スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲阿国の墓

 今回、はるばる出雲へやってきましたが、墓参りも忘れずに・・・。

 出雲大社バスターミナルから西の稲佐の浜へと延びる道は「出雲阿国の道」と呼ばれています。
 歩いて5分くらいのところに、歌舞伎の創始者「出雲阿国」の墓があります。
 下の写真は道沿いにある墓への入り口で、車が5台くらい停められる駐車スペースもあります。
 出雲阿国の墓1

 
 太鼓原墓地の中に阿国の墓があります。
 
 阿国は出雲の鍛冶職人・中村三右衛門の娘。出雲大社の巫女となり、文禄年間(1592~96年)本殿修理費勧進のため諸国を巡っていた際、その踊りが各地で評判になったといわれています。当時の古記録に、「ややこ踊り」を披露したという記事が見られます。
 そして、関ケ原合戦後の慶長8年(1603年)春、阿国は北野天満宮にて興業を行いますが、男装して茶屋遊びに高じる「伊達男」を演じ、これが京中で評判を呼びます。5月には御所でも披露し、四条河原などでも興業を行って、阿国の名声は一気に高まります。この阿国の新しい踊りを人々は「歌舞伎踊り」と呼びました。
 その後、慶長12年(1607年)江戸城にて勧進歌舞伎を上演しましたが、その後阿国は表舞台から姿を消します。
 阿国が始めた「歌舞伎踊り」はやがて遊女らが真似て踊るようになり、これが風紀を乱すとして江戸幕府から禁止されてしまいます。このため、歌舞伎は男性によって演じられるようになり、「野郎歌舞伎」と呼ばれ、現在に至っています。

 晩年の阿国は故郷出雲へ帰り、尼となって「智月」と号し、読経と連歌三昧の日々を送ったといわれています。

 墓石にはご覧のように、ヒビが入っていて、400年の歳月を感じます。
 出雲阿国の墓2

 
 阿国の墓の周囲には、阿国にまつわるスポットがいくつかありますので巡ってみます。
 阿国の道



 墓地からみて道を挟んだ北側の出雲大社寄りに「阿国寺 連歌庵」があります。

 阿国が尼となり余生を送った庵ですが、もとは中村町にありましたが火事に遭い焼失。その後再建されますが、2代目の建物は明治4年の廃仏毀釈で取り壊され、現在のものは昭和11年「劇祖阿国会」による再々建だそうです。
 復元された建物ではありますが、慎ましやかに晩年を過ごした彼女の姿が目に浮かぶようです。 
 連歌庵

 
 お墓より西方に3,4分歩いたところに「安養寺」という寺があります。
 ここには阿国所縁の持仏や遺品である鏡などが納められ、毎年供養が行われているということです。
(中は拝観できなかった)
 安養寺

 
 阿国の墓の北西に、「奉納山公園」という場所があります。
 奉納山公園

 
 公園の入り口の階段脇に「出雲阿国終焉の地」の石碑があります。書は2代目中村鴈治郎の揮毫によるもの。
 歌舞伎俳優4代目坂田藤十郎さん、女優・中村玉緒さんのお父さんですね。
 阿国終焉の地


 石段を登っていった先に、阿国塔があります。
 昭和11年、歌舞伎界の名門、中村・市川両家をはじめ、水谷八重子など当時の名優たちの寄付によって建てられました。現在の塔は、昭和43年に再建されたもの。塔の周囲には再建時に寄付したと思われる歌舞伎界の名優たちのお名前がずらりと刻まれていました。
阿国塔2

 
 塔の裏には阿国のレリーフが。阿国の若かりし日の姿を映し出しています。
 戦国時代の終焉にふさわしい一瞬の煌めきを見せた女性でした。
 阿国塔1



  
より大きな地図で 出雲阿国の墓 を表示



 いつもご覧いただき、有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。