スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白河小峰城(日本100名城)

 福島県白河市にある「白河小峰城」。「日本100名城」のひとつに選定されています。

 小峰城は南北朝時代に結城白河(小峰)氏によって築かれましたが、江戸時代寛永年間に丹羽長重(丹羽長秀の子)が棚倉より10万石をもって入封し、幕命によって5年の歳月をかけて城を大改修しました。一説には奥羽の雄である伊達氏の押えを目的としていたともいわれています。
 幕末の戊辰戦争による戦火によって城は落城し、焼失してしまいます。昭和62年(1987年)、白河市制40周年を記念して三重櫓の復元計画が持ち上がり、平成3年(1991年)に三重櫓が、平成6年(1994年)に前御門が木造により復元されました。
 この復元が「平成の城復元」ブームの呼び水となって、各地で木造による城の復元がなされるようになった契機となりました。

 前回、私がこちらへ来たのは2008年の4月。今から4年前になります。
 この記事を書くにあたって過去の写真を見直してみましたが、スタンプラリーと花見を兼ねて行ったのが懐かしく思い出されます。以下2枚の写真は当時撮影したものです。
 
 
 白河小峰城2008a
 白河小峰城2008b



    *****************************

 昨年3月の東日本大震災により、白河小峰城も石垣を中心に大きな被害を蒙りました。
 以下の写真は先月撮影してきたものですが、石垣の崩壊で危険なため、現在城内は立入禁止となっています。
 地元の教育委員会に問い合わせたところ、完全復旧まで5~7年程度かかるとの見込みで、石垣の工事が進み、安全面が確保され次第、部分公開できれば・・・という話でした。
 なお、復元した三重櫓の被害はほとんどみられず、地震当日現場に居合わせた人々に怪我などの被害がなかったそうで、不幸中の幸いでした。
 なお、100名城スタンプラリーのスタンプは、先日紹介した城址公園内の「白河集古苑」の中に置いてあります。

 一番上の写真とほぼ同じ場所から撮影してみました。
 白河小峰城3


 この日、城址公園は人影もまばらで、時折観光客と見られる人がひとりふたり、この場所で足止めをくらい、名残惜しそうに去って行くのを見ました。
 4年前に来た時は団体のお客さんもいて観光スポットとしてにぎわっていたのに、残念なことです。
 白河小峰城4


 望遠で撮影しましたが、復元された三重櫓の下付近の石垣が崩落していました。
 白河小峰城2

 以前も書きましたが、国指定史跡の場合、勝手に工事はできず、復元・修復には綿密な調査を実施の上、「文化庁」の認可がいるとのことでした。
 白河小峰城1

 
  石垣の被害状況と、修復に関する説明板です。(クリックで拡大)これによると、城内10か所で石垣が崩落がみられるとのことです。
  白河小峰城7

  白河小峰城8


 今回地元の方に教えていただきましたが、城址歩いて5,6分くらいの場所に、小峰城の太鼓櫓が移築されているのを知りました。現在は民家の建物として転用されています。
 白河小峰城5


 秋になり陽が落ちるのが早くなりました。帰りがけに撮影したライトアップされた三重櫓。
 公開までにはまだしばらく時間がかかりそうですが、工事が終了したらまた再訪したいと思います。
 「新島八重」の展示を見に、城址公園内の集古苑に寄った際、修復のための募金箱があったので、少額ではありますが寄付してきました。
 白河小峰城6


  関連記事
   丹羽長重の墓
   震災から7ヶ月 仙台城は今・・・(前)
   震災から7ヶ月 仙台城は今・・・(後
   地震による土浦城の被害状況

  
   
より大きな地図で 白河小峰城 を表示


 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

白河小峰城

私も先月行きましたが、無残に石垣が崩落してましたね。
訪れたのが日曜日だったので、ボランティアの方もいて説明を聞けました。
会津若松城からこちらに寄ったことを話したら、「あちらはコンクリートだけど、こちらは木造で復元したからね。」
とプライドをのぞかせていました。(笑)

間近に見ることができなかったので、周りをグルッとまわってお堀を堪能しました。
地元の人が何人ものどかに釣り糸を垂れていました。

こじんまりとしていますが、風情のあるお城でした。

Re: 白河小峰城

 柴様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 私も先月行きましたが、無残に石垣が崩落してましたね。
> 訪れたのが日曜日だったので、ボランティアの方もいて説明を聞けました。
> 会津若松城からこちらに寄ったことを話したら、「あちらはコンクリートだけど、こちらは木造で復元したからね。」
> とプライドをのぞかせていました。(笑)
>
> 間近に見ることができなかったので、周りをグルッとまわってお堀を堪能しました。
> 地元の人が何人ものどかに釣り糸を垂れていました。
>
> こじんまりとしていますが、風情のあるお城でした。


 もう少し早くアップすればよかったのですが、諸事情により書きかけになっていました。
 4年ぶりに現地へ行きましたが、石垣の崩落が痛々しかったですね。以前は自由に散策できたのに・・・と残念でなりません。

 しかし、復元した建物はほとんど被害がなかったということですし、地震当日その場にいた人々も怪我等負わなかったことを聞きホッとしました。
 今回時間がなくて城の裏手は行かれなかったんですが、石垣はどうだったのでしょうね?
 一日も早い復興を心から願っています。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。