スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】2014年NHK大河ドラマの主人公は黒田官兵衛(主演 岡田准一さん) 再掲・黒田官兵衛の墓

 先ほど帰宅して、ネットのニュースを見ていたところ、再来年(2014年)の大河ドラマの主人公と主演の方が発表になったようです。


平成26年のNHK大河は「軍師官兵衛」、主演は岡田准一さん
2012.10.10 16:22 [TVドラマ]

 NHKは10日、平成26年に放送する大河ドラマに、戦国時代に活躍した黒田官兵衛を主人公にした「軍師官兵衛(かんべえ)」を制作すると発表した。主演は俳優で人気グループV6の岡田准一さん(31)。

 官兵衛は負け知らずの天才軍師として織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった天下人(てんかびと)に重用された人物。ドラマでは官兵衛の信仰や信義を貫いた生涯が描かれる。

 脚本はオリジナルで、テレビドラマ「OUT」やNHKドラマ「氷壁」「陽だまりの樹」などを手がけた前川洋一さんが担当する。
                 (MSN・産経ニュースより)


 
 ふーむ。(´・ω・`)
 数か月前から、ジャニーズ事務所の若手人気俳優さんが内定しているという噂はネット上で出てましたけど、まさか岡田さんとは・・・。少々驚きました。
 それにしても、黒田官兵衛(孝高・如水)とはまた渋い感じです。
 信長、秀吉、家康の「天下人」と関わりある人物となると、この辺りが妥当なのかな?とも思います。(そろそろ縁ある武将たちも一巡してしまった感じですし)
 
    黒田孝高

 このところ、官兵衛の人生においてハイライトのひとつである、「高松城水攻め」を書いてきましたので、このニュースはまさにタイムリーな印象があります(笑)
 
 ところで黒田官兵衛の墓ですが、以前このブログでも紹介させていただきました。

 過去記事⇒黒田如水の墓

黒田如水の墓
       (博多・崇福寺にて)


 博多へ行く機会もそうそうないので、あの時墓参をしておいて本当に良かったです。
 

 ところで脚本が前川洋一さんということですが、割と良い脚本を書かれているようだから今度こそ大丈夫かな。
 完全オリジナルということですが、本来は原作があったほうがいいように思いますけどね。
 ドラマの質を決めるのは、やはり演出よりも脚本の出来に尽きます。良い脚本が、演じ手を育てていくとも言えます。
 くれぐれも、「江」や今年の「平清盛」(また視聴率一ケタだそうです)のようにならないよう、お願い申し上げます。

 まずは速報まで・・・。

 【お詫び】上記記事で、「2014年大河ドラマ」の記述を誤って、長らく「2016年」と記載していました。
 訂正してお詫び申し上げます。


 
新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



 
黒田如水―臣下百姓の罰恐るべし (ミネルヴァ日本評伝選)黒田如水―臣下百姓の罰恐るべし (ミネルヴァ日本評伝選)
(2011/12)
小和田 哲男

商品詳細を見る


 
 
NHKその時歴史が動いた傑作DVDマガジン戦国時代編 Vol.4 秀吉と黒田官兵衛 (講談社 Mook)NHKその時歴史が動いた傑作DVDマガジン戦国時代編 Vol.4 秀吉と黒田官兵衛 (講談社 Mook)
(2011/11/01)
講談社

商品詳細を見る





 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

恥ずかしい

この画像がアップで出ると、自分が出ているようで少し恥ずかしい。

歴史好き特に戦国ツウは当然知っているのでしょうが、一般的にはそんなに知られていないと思い「アバター自画像」にしたのですが。
再来年にはしょっちゅう出てくるとなると、困ったもんです。

ホント「高松城水攻め」の最中でタイムリーでしたね。観光客も増えるかもしれません。
この5月に訪れた大分・中津の人たちは盛り上がっていると思います。

「明智光秀」という噂もありましたが、私は「官兵衛」でよかった。
「天地人」や「江」のように尻すぼみにならぬよう、お願いしたいものです。

Re: 恥ずかしい

 柴様

 こんにちは。コメント有難うございます。

> この画像がアップで出ると、自分が出ているようで少し恥ずかしい。
>
> 歴史好き特に戦国ツウは当然知っているのでしょうが、一般的にはそんなに知られていないと思い「アバター自画像」にしたのですが。
> 再来年にはしょっちゅう出てくるとなると、困ったもんです。

 初期の頃から、この人の肖像画をアップされてましたね。
 来年あたりから、関連本など増えそうですね。


> ホント「高松城水攻め」の最中でタイムリーでしたね。観光客も増えるかもしれません。
> この5月に訪れた大分・中津の人たちは盛り上がっていると思います。
>
> 「明智光秀」という噂もありましたが、私は「官兵衛」でよかった。
> 「天地人」や「江」のように尻すぼみにならぬよう、お願いしたいものです。


 中津はまだ行っていないので、また行く楽しみが増えました。
 「明智光秀」よりは官兵衛の方はストーリー的に膨らみがあるでしょうね。
 内容の充実を期待したいところですが。

こんばんは

如水は好きな人物ですが…
やっぱり、三人の天下人と絡ませたいんでしょうかね?
そろそろ、九州とか四国とか、地方が見たいです。

そうそう、息子の長政の墓参りに行ってきましたよ。

☆っときました。

Re: こんばんは

四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 如水は好きな人物ですが…
> やっぱり、三人の天下人と絡ませたいんでしょうかね?
> そろそろ、九州とか四国とか、地方が見たいです。
>
> そうそう、息子の長政の墓参りに行ってきましたよ。


 黒田如水ですが、ちょっと意外な人物という感じがしないでもなかったです。
 やはり天下人とからませないと、一年もたないんですかねえ。。。姫路の人たちはすでに喜んでいるみたいなことを聞きました。

> ☆っときました。

 ☆もどうも有難うございます。(^^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。