スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【清正が愛した女性たち3】清浄院(かな姫・加藤清正継室)供養塔・・・清正、家康の婿になる

 つづき

 熊本城下から南へ約7kmほどのところに、熊本藩の船着き場や御蔵があった川尻という町があります。
 そこに、加藤清正の継室・清浄院の菩提寺があると聞いて行ってきました。

  常妙山法宣寺 開山は清正と親交が深かった肥後本妙寺の日真上人です。
 法宣寺

 関連記事 加藤清正の墓(本妙寺「浄池廟」)


 清正にははじめ、正室・山崎氏という糟糠の妻がいたのですが、この方は若くして亡くなってしまいます。
 慶長3年(1598年)に清正の育ての父ともいえる豊臣秀吉が死去し、この後、清正は急速に徳川家康との関係を深めていきます。
 関ケ原合戦の前年の慶長4年(1599年)、清正は徳川家康の養女で、水野忠重の娘を継室に迎えます。この結婚は政略結婚であり、すなわち、清正は家康の婿になったわけです。
 新婦の名は水野家の資料によれば「かな」と呼ばれていた、18歳の娘でした。この時、清正は38歳で、なんと20歳差!という「年の差婚」でした。
 なお、新婦の実父・水野忠重というのは、家康の母・伝通院(於大ノ方)の弟であり、従って「かな」と家康とはいとこ同士になります。また、武将として名を馳せた水野勝成は「かな」の兄にあたります。

 結婚後、「かな」は大坂の屋敷に住んでいましたが、関ケ原合戦前夜、石田三成が各大名の奥方を人質として大坂城へ入城させようとしたので、家臣の機転により屋敷より脱出し、夫の待つ熊本城へ迎えられます。
 慶長6年(1601年)、二人の間には「八十(やそ)姫」(のちの瑤林院)が誕生します。慶長14年には清正と家康との取り決めで、八十姫と家康の息子・頼宣(後の紀州主)との間に婚約が交わされます。清正は愛娘の婚約をことのほか喜んだといいます。


 関連記事 【清正が愛した女性たち4】父・清正の遺品と信仰を受け継いだ瑤林院(八十姫)・・・再掲Ver.

 
 しかし喜びもつかの間、慶長16年(1611年)に夫・清正が急死。わずか12年という短い結婚生活でした。
 「かな」は髪を下し、夫に先立たれた悲しみに耐え、跡を継いだ清正の側室の子である忠広の嫡母として忠広を後見します。
 元和3年(1617年)には娘・八十姫と婚約者である徳川頼宜との婚儀が無事執り行われました。
 
 加藤家改易後はいったん実家の水野家に戻り、晩年は京都の本圀寺に隠棲し、明暦2年(1656年)に75歳で亡くなりました。


 どうして熊本の方に京都で亡くなった清浄院の菩提寺があるのかよくわかりませんが、川尻法宣寺の境内には彼女の供養塔が建てられていました。
 法名 清浄院殿妙忠日寿大姉
 清浄院供養塔

 お寺さんにお願いして本堂を拝観させていただいたところ、清正と清浄院夫妻の木造が安置されており、清浄院の木造は尼僧姿で、丸顔の愛らしい表情をしていました。

 清浄院の実家・水野家の宗派は曹洞宗なんですが、彼女は嫁いだ後、死ぬまで日蓮宗の信仰を貫いているので、おそらくご主人の感化を受けたものと思われます。
 政略結婚で、しかも「年の差婚」ではありましたが、二人の仲は良好だったようです。


   
より大きな地図で 法宣寺 を表示



いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。