スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマで「加藤清正」を!

 熊本夏の風物詩「清正公まつり」(加藤神社) のつづき

  加藤神社b


 加藤神社内で見つけた署名の記帳台ですがよく説明を見てみると、

 「大河ドラマで加藤清正公を取り上げていただくための署名活動です」
 
 とのこと。

 参考サイト 【「加藤清正公」を「NHKの大河ドラマ」に!】(※PDFです)


 これを見まして、私共も大いに賛同したので署名してきました。

 ところで、実は昭和51年(1976年)、第14作目の時に本当は加藤清正が大河ドラマの主人公になるはずでした。
 肝心の清正役は俳優の加藤剛さんに決まっていたといいます。原作は池波正太郎の「火の国の城」でした。

  
火の国の城 上 新装版 (文春文庫 い 4-78)火の国の城 上 新装版 (文春文庫 い 4-78)
(2002/09/10)
池波 正太郎

商品詳細を見る

  
火の国の城 下 新装版 (文春文庫 い 4-79)火の国の城 下 新装版 (文春文庫 い 4-79)
(2002/09/10)
池波 正太郎

商品詳細を見る



 ところが、NHKの上層部のある人物がこれに異議を唱え、この企画は急きょ取りやめになってしまいました。

 そして、代わりに「平将門」を主人公にしたドラマに変更されたのです。
 これが海音寺潮五郎原作の「風と雲と虹と」です。

 
NHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 風と雲と虹とNHK大河ドラマ総集編DVDシリーズ 風と雲と虹と
(2003/01/24)
加藤剛、吉永小百合 他

商品詳細を見る


 この「風と雲と虹と」なんですが、主役の加藤剛さん以下、ものすごい豪華キャストだったんですね。

 吉永小百合
 緒形拳
 草刈正雄
 太地喜和子
 山口崇
 露口茂    
      ほか(敬称略)

 おそらく、このキャストの皆さんは「加藤清正」をやるために選ばれた俳優さんだったはずです。
 故・緒形拳さんは豊臣秀吉役だったのでは・・・と推察しています。

 私はこのいきさつを初めて聞いたとき、本当にガッカリしてしまいました。おそらく、加藤剛さんだったら、清正のトレードマークである長烏帽子兜がよく似合う、清新な清正像を演じられたことでしょう。残念でなりません。

 私の推量ですが、秀吉の朝鮮出兵、いわゆる「文禄・慶長の役」が引っ掛かったものと思われます。

 しかし、この朝鮮出兵は最高権力者・秀吉の命で当時のオールスター武将たちが多数渡海しているわけです。この理屈でいけば、出陣した大名たちは誰ひとりドラマで取り上げられなくなってしまいます。

 30数年前はこういう状況でも仕方なかったのかもしれませんが、たかがドラマでさえいつまでも周辺諸国、とりわけ中・韓に異常なまでに「配慮」しているのは如何なものでしょうか。

 

 私は見ていませんが、今年の大河ドラマ「平清盛」も、先月など視聴率がとうとう7%台まで落ち込んでしまったとか。
 BSで多額の費用をかけて鳴り物入りで放映された「坂の上の雲」も、NHKが期待したほどの視聴率を上げることはできませんでした。

 この不振の理由は色々挙げることができますが、やはり取り上げる主人公がイマイチ魅力に欠けるというか、インパクトがないのです。
 普通に考えて、去年の「シエ」のように、ヒーロー、ヒロインになるに足りない人物を、あれこれ勝手に脚色して、無理やり仕立て上げているところにもともと無理があるのだと考えます。
 この辺の「人選」は、一体どういう了見でなさっているのか、理解に苦しみます。


 今まで大河ドラマの中でも、いつも脇役に甘んじてきた加藤清正ですが、誰もが知っていて、その遺徳が400年もの長きにわたり語りつがれている真の英雄こそ、国民的ドラマの主人公としてふさわしいのではないでしょうか。

  加藤清正銅像



 ぜひご賛同いただける方は、FAXや郵送でも受け付けているそうですので、下記リンクよりご協力をお願いいたします↓↓↓↓↓↓
 【「加藤清正公」を「NHKの大河ドラマ」に!】(※PDFです)



       参考文献:『NHK大河ドラマの歳月』(大原誠著)
             『実録テレビ時代劇史 ちゃんばらクロニクル1953-1998』(能村庸一著)
                        

 
 
 

いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 時代劇
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

千葉県佐原市でも、「伊能忠敬」をNHKの大河でと意気込んでいるようです(笑)。

小生は、加藤清正公推しますね。

Re: タイトルなし

 酔いどれJohnny様

 こんにちは。早々のコメントどうも有難うございます。


> 千葉県佐原市でも、「伊能忠敬」をNHKの大河でと意気込んでいるようです(笑)。
>
> 小生は、加藤清正公推しますね。


 「伊能忠敬を大河ドラマ」にというやはり署名活動などをされているのでしょうね。伊能忠敬については、依然加藤剛さん主演で映画になったことはありますね。一度、当時の風情を残す佐原へも行ってみたいと思っています。

 加藤清正ですが、全国的に盛り上がれるのではないかと思っています。熊本も観光に力を入れてますし。。。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。