スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本夏の風物詩「清正公まつり」(加藤神社)

 御殿で味わう伝統料理「本丸御膳」 のつづき


 熊本城宇土櫓の空堀を挟んだお隣に、「加藤神社」があります。
 御祭神は言うまでもなく、加藤清正。清正といえば、熱心な日蓮宗信者として有名ですが、なんと神様にもなっていたんですね。
普段は木々に囲まれ、静かな佇まいの中にあります。
加藤神社

 加藤神社は、もともと清正の廟所、菩提寺であった浄智廟・本妙寺から明治元年「神仏分離令」を受けて神社を分け、城内に社殿を造営して「錦山神社」としたことに始まります。
 明治42年に「錦山神社」より「加藤神社」と改称し、現在に至ります。戦後、お社が現在地に移転したそうです。

 今回(7月21日)、たまたま神社へお参りに行ったら、毎年恒例の「清正公まつり」の前夜祭をやってました。
 「清正公まつり」は清正の遺徳を偲び、毎年7月の第四日曜日に開催されているそうです。
  清正公まつり1


 神社の敷地はそれほど広いわけではないのですが、夜店が立ち並び、特設ステージでは演芸、パフォーマンスが行われており、夏休みに入ったばかりとあって家族連れでにぎわっていました。
 なお、敷地からは熊本城の大天守、小天守が眺められます。
  清正公まつり2


 ********************************

 翌日、再び神社の近くを通りかかりますと、二の丸広場のところで、蛇の目紋の入った烏帽子兜に陣羽織を着、槍を手にした子供たちを見かけました。
 「千人清正」といって、清正に扮した子供たちが市中を練り歩くのだそうです。
 「エイエイオー」元気に勝どきの声を上げる子供たち。「もののふの心」を受け継ぎます。
 周囲にはお子さんたちの姿を写そうと、デジカメやビデオカメラを持った親御さんたちが多数見受けられました。
  千人清正


 神社の入り口付近は法被を着た方たちでごった返していました。これからお神輿が出るらしいのですが、しばらくその場で待ってみたのですが、なかなか行列が出発しません。私はこの後、帰り支度をしなければならなかったので、残念ながら行列を見ずに引き揚げました。。。
  清正公まつり3
 
 ※実はこの後、急な夕立が来てしまって、「千人清正」のお子さんたちもずぶ濡れになってしまったとか。私も熊本空港へ向かう途中、強い雨に降られました。みなさん、お疲れ様でした。


 ところで、神社の敷地内で何やら「署名活動」みたいなのをやっており、このような記帳台を発見しました。
    加藤神社b


          大河ドラマで「加藤清正」を  へつづく


参考サイト 加藤神社



いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。