スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえる熊本城本丸御殿

 熊本城 のつづき


 難攻不落、鉄壁の守りの熊本城を築いた加藤清正ですが、ひたすら軍事面を優先する城造りに徹したため、城主の居住スペースや行政の場を設ける平地が城内になくなってしまいました。
  
 そこで清正は、石垣に挟まれた登城道の上に御殿を建てることを考えます。これが本丸御殿です。
 本丸御殿は明治10年の西南戦争で焼失してしまいましたが、平成15年(2003年)より専門家、職人が総結集し、綿密な考証によって総工費54億円をかけて復元工事が行われ、平成20年(2008年)春に創建時の姿で蘇りました。

 不開門・須戸口門から登城しますと、本丸御殿の裏側の門に辿りつきます。
熊本城本丸御殿10


 中へ入ってみますと、「闇(くらが)り通路」と呼ばれる地下通路が。
熊本城本丸御殿4(闇り通路)

 
  実はここが、全国的にも例をみない御殿への地下玄関口(正式の)なんですね。
  熊本城本丸御殿5(玄関)


 本丸前広場に出て、見学客が入るため現在の入り口がココ。
熊本城本丸御殿6


 玄関を入り、写真には写っていませんが60畳の「鶴之間」からはじまり、「梅之間」(写真)、「櫻之間」、「桐之間」、「若松之間」と続きます。
 この辺りの部屋は壁や襖が真っ白ですが、確実な資料が残っていないとの理由で、文化庁が障壁画、襖絵の復元を許可しなかったためです。
熊本城本丸御殿3(梅の間)


 大広間の南側に延びる縁側。「広縁」「落ち縁」「濡れ縁」の三段で構成され、幅は約6mあります。
熊本城本丸御殿7(縁側)


 奥の「昭君之間」に続く「若松之間」。室内には瑞々しい若松の絵柄が描かれています。
熊本城本丸御殿8(若松の間)


 もっとも格式の高い部屋である「昭君之間」
 画題は中国の前漢時代、北方地帯を支配する匈奴へ嫁ぐことになった悲劇の美女「王昭君」を中心に描かれています。
 障壁画、襖絵を担当したのは豊臣氏と縁の深かった狩野光信の弟、源四郎言信。
 画題は判明していたものの、部屋の内部が具体的にわかる写真や下絵等の史料が無かったため、同時代の他所の建物等を参考に「推定復元」という形で文化庁から特別の許可が下りました。
 「昭君」を「将軍」と読み替えることで、清正が豊臣秀頼を迎えるために設けた部屋という説があります。
熊本城本丸御殿9(昭君の間a)


 この人が悲劇の美女「王昭君」
 なお、「昭君之間」「若松之間」ではカメラ撮影時は内装が傷むのを防ぐため、絶対ストロボを使用しないようにしましょう。(監視員から注意されます)
 熊本城本丸御殿2(王昭君)


 天井は「折上格天井」になっており、、四季折々の草花が丹念に描かれています。江戸後期の画家、杉谷行直(1790-1845年)が描いた「御城内照君之御間合天井図」という史料が残っており、それを参考に復元されました。
熊本城本丸御殿1(昭君の間b)



 なお、本丸御殿にはそのほかにも藩主の居間や大天守へつながる通路などがありましたが、現状を鑑みて今回は復元されませんでした。
 本丸御殿を復元したことで、観光客数も大幅にアップしたそうです。
 加藤清正が築いた、桃山時代の絢爛豪華な文化を体感できる貴重な建物なのです。


                    御殿で味わう伝統料理「本丸御膳」へつづく
 
 

 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですよね 内装を撮影するのに『ストロボ』を使用する輩が多いですね。

京都でも、それを注意した係りの人に「逆ギレ」する老人・老女も多い事・・・ 世も末だぁ!!

話しが脱線しましたが、じっくり仲間で見学出来なかったので なんだか得した気分です。有難う御座います。

Re: タイトルなし

酔いどれJohnny様(お名前をお書きください・・・)

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。


> そうなんですよね 内装を撮影するのに『ストロボ』を使用する輩が多いですね。
>
> 京都でも、それを注意した係りの人に「逆ギレ」する老人・老女も多い事・・・ 世も末だぁ!!
>
> 話しが脱線しましたが、じっくり仲間で見学出来なかったので なんだか得した気分です。有難う御座います。


 ストロボを炊くと壁画が退色してしまうんですよね。熊本城では監視員さんたちがカメラを持っている人には逐一注意しています。

 こういった室内を写す場合は高感度対応のカメラを持っていかないとダメですね。今年カメラを買い替えたので、室内の撮影がだいぶ楽になりましたが。

 熊本へはまた近い将来行かれることもあろうかと思いますので、(歴史的人物の墓も色々ありますし)是非再訪してみてくださいませ。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。