スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の洋館 岡崎市「旧本多忠次邸」 (前)

 先日、岡崎市美術博物館にて開催中の展覧会「徳川四天王本多忠勝と子孫たち」を紹介しましたが、この展示は本多家のご子孫が所有していた洋館を移築復元し、一般公開がされたことの記念として開催されました。
 展示を見学するに先立って、その洋館を見学しに行ってきました。

 岡崎市「旧本多忠次邸」
本多邸1

 岡崎市旧本多忠次邸は、本多忠次(1896~1999年)が昭和7年(1932年)に東京・世田谷の敷地・約7,100㎡内に建てた住宅と壁泉の一部を移築復元したものです。
 建物はフランス瓦の屋根で外壁は色モルタル仕上げとするなど、当時ブームとなっていた田園趣味を反映させたスパニッシュ様式を基調としています。
 1階は西側に車寄せをつけた玄関、南側中央には三連アーチのアーケードテラス、続く東端には2階まである半円形のベイウインドを配置しています。また前庭ではスパニッシュ建築様式には欠かせないといわれる壁泉のある大きなプールが設置されています。(パンフレットより)



 本多忠勝のご子孫である故・忠次氏は36歳の時に、東京・世田谷区野沢に広い土地を購入し、自らが設計デザインを行い、この洒落た洋館を建てられ、長年にわたり暮らしました。
 忠次氏は平成11年(1999年)に逝去されましたが、その時この洋館は老朽化が進み、もう人が住めない状態になっており、個人では維持管理が難しい状態になっていました。しかし、ご遺族が取り壊すには忍びないということで移築先を探していたところ、本多家のかつての領地であった岡崎市が名乗りを上げ、数年にわたる修復作業を経て、このたび一般公開の運びとなったものです。
 予想以上に素敵な洋館でしたので、以下写真でご案内いたします。
 
 
 前庭には壁泉つきのプールが設置されています。
本多邸2

 
 車寄せ付きの玄関
本多邸3



  玄関を入ったところにある壁泉
   本多邸4


 1階団欒室 手前にテーブルを囲み、4つ椅子がありますが、右から2番目が忠次氏の定席だったとか。
本多邸6

 団欒室の隣にある食堂。窓辺のステンドグラスがアクセントになっています。家具、照明等も当時のもの。
本多邸7


  部屋の廊下側の壁にも設置されているステンドグラスの小窓。
    本多邸5


 和室に続いて設置された日光室(サンルーム) 忠次夫人がここで読書したりして過ごしていたそうです。
 窓からは庭のプールが眺められます。
   本多邸8


 タイル張りの広々とした浴室。ステンドグラス付の窓が3つ設置され、明るい印象です。ゆっくりバスタイムが過ごせそうですよね。
 復原にあたり、タイルは当時のものに近いものを貼り直ししているようです。
本多邸9



       つづく 

※すみませんが、2,3日お休みさせていただきます。


いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。