スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊烈神社 附・水野三郎右衛門銅像

 山形城址(霞城公園)の東側に、最後の山形藩主・水野氏を祀る豊烈神社があります。
 豊烈神社

 
 鳥居をくぐってすぐ右方に、水野家家老・水野三郎右衛門元宣の銅像が佇んでいます。
  水野元宣銅像

 戊辰戦争の折、山形藩〈水野氏)は当初官軍方に与しますが、官軍側参謀・世良修蔵の横暴さに憤慨した仙台、米沢の両藩の呼びかけに応じ、東北各藩とともに奥羽列藩同盟を結成し、官軍に抗することになりました。
 しかし、時経たずして同盟側の各藩が降伏するに及び、山形藩も後追いせざるを得ない状況に陥ります。折悪しく、藩主は江戸滞在で留守、山形藩の命運は若干27歳の家老・水野三郎衛門の肩にかかっていました。
 三郎右衛門は「山形藩の責任はすべて自分一人にあり、他の者には寛容の御処置を」との嘆願書を提出し、敗戦の責任を一身に背負い、長源寺の庭で処刑されました。
 三郎右衛門の死により、山形藩は戦火を免れ、後の人々は山形を救った人として彼を顕彰し、豊烈神社に合祀された他、明治34年には銅像が建てられました。第二次世界大戦時に銅像は金属回収のため供出されてしまい、現在のものは戦後再建された二代目だということです。
 
 「最上義光」歴史館の脇に、水野三郎右衛門邸跡の碑がひっそりとありました。
 水野元宣邸跡

 幕末の山形藩は5万石という小藩で、実質石高はこれよりさらに少なかったといいます。ですから、お城ばかりが大きい反面、他藩のように洋式兵制も編成できず、苦しい状況下に置かれていたことが窺えます。
 水野三郎右衛門の死は、維新期における小藩の悲劇ということが言えると思います。
 なお、山形市内にある長源寺というところに彼のお墓があると聞きましたが、今回は時間がなくて参詣できませんでした。



 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

山形城にも、そんな陰惨な歴史があったんですね。
山形城といえば、最上義光の印象が強く
その次か次で、改易だったと思いますが、それ以降は知りませんでした。
勉強になりました(^-^)/

Re: タイトルなし

ひでち様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> こんにちは。
>
> 山形城にも、そんな陰惨な歴史があったんですね。
> 山形城といえば、最上義光の印象が強く
> その次か次で、改易だったと思いますが、それ以降は知りませんでした。
> 勉強になりました(^-^)/

 私もこれまで、山形=最上義光という印象が強かったですね。
 しかし、最上氏が「退場」してしまって以降は色々あったみたいですね。。。
 山形へはこれで2度目だったのですが、もう少しいろんな事を知りたいというか、周辺の史跡を歩いてみたかったです。

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。