スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形城(一) 山形緊急城攻め八

 このところ、ブログ記事を書く余裕がなくて更新が滞っていましたが、ぼちぼち再開していこうと思います。

 今回ご紹介するのは山形県山形市にある山形城です。
 同じ山形県鶴岡市にある「鶴ヶ岡城」へ訪城した翌日になります。(過去記事⇒「鶴ヶ岡城その2」 のつづき)
 山形城は最上氏の祖・斯波兼頼が延文2年(1357年)に築いたのが始まりとされています。
 慶長5年(1600年)、関ヶ原合戦で東軍に与し、上杉景勝軍を退けた最上義光は軍功により村山・最上・庄内、および秋田県由利郡の57万石を有することになり、同時期に自らの居城を十数基の櫓を備えた大規模な平城に改修します。山形城の原型はこの時に築かれます。
 最上氏が藩内の内紛が原因で改易された後に鳥居氏が入封し、城門や堀などの大幅な改修を行っています。
 鳥居氏の後は親藩・譜代の城となり、短期間での転封が繰り返されますが、最上氏時代に57万石を誇った石高は大幅に減らされ、最後の水野氏はわずか5万石で入封しています。

 実は100名城のスタンプラリーが開始された5年前に一度来ていますが、その折はまだ整備工事中で入れなかった箇所が多く、今回再訪してみて、山形城の威容を再認識した次第です。
 この日、ちょうど桜がほぼ満開で、絶好のお花見日和だったのですが、あれからだいぶ日が経ってしまいました。すでに季節はずれの写真ですがご了承ください。

 山形城の模型 山形城は三重の堀がめぐらされ、東西約1.6km、南北約1.5kmの壮大な輪郭式の平城であり、本丸に天守は築かれませんでした。
山形城4

 
 平成3年に木造復元された二の丸東大手門。明和年間に入封した秋元家の御用大工の家に伝わった絵図をもとに復元したそうです。
山形城5


 東大手門前より、山形新幹線「つばさ」が走り去っていくのが見えました。
山形城2


 二の丸は公園として整備されています。
山形城1


 山形城を大改修した最上義光(もがみよしあき 1546~1614年)の銅像。勇壮な武将の姿がうまく表現されており、青空に映えてなかなか存在感のある銅像だと思います。皇居前の「楠公像」に似ていなくもないですが(笑)
 なお、義光については後述します。
最上義光銅像


 日清戦争後、山形城本丸、二の丸跡地に歩兵第32連隊が入りますが、日露戦争(1904~1905年)後、将兵らが凱旋記念として1000本の桜を植えました。現在、城址公園が桜の名所となっているのはこのおかげです。
  山形城13


 この日、東大手門の櫓の内部を公開していました。山形城の発掘調査や復元事業等についてパネル展示がありました。
山形城17


 この後、二の丸の土塁に登って、ぐるっと歩いてみることにしました。土塁上にも桜が何本も植わっているので、多くの人たちが花見がてら散歩を楽しんでいました。
山形城10


 北大手門跡。石垣が残っています。
山形城9


 西大手門跡。
山形城8


 南大手門跡。枡形を確認することが出来ます。
山形城7


 復元?整備された巽櫓の石垣。ベンチで休憩中の人たちがいたので、後方より遠慮しがちに撮影です。
山形城6


 かつて、土塁上には塀がめぐらされていましたが、発掘調査の結果、その礎石が確認できました。
   山形城14


  写真が多いので、続きます。

  いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。