スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戊辰戦争~慶応四年下野の戦場~(栃木県立博物館)

 このところ、野暮用で少々忙しいのですが、その合間をぬって先週栃木県宇都宮市にある栃木県立博物館へ行ってきました。同館では現在、企画展
「戊辰戦争~慶応四年下野の戦場~」が開催中です。(6月10日まで)
戊辰戦争

 【展示趣旨】
 下野は江戸幕府の聖地、日光を擁し、日光神領のほか、広大な幕領もありました。さらに下野の東には親藩の水戸藩、北には徳川将軍家の親族の名門、会津藩が控えています。下野は親幕府的地域や藩が多く、戊辰戦争で西国諸藩が次々に新政府側に立って参戦したのとは、少々状況が異なりました。
 この企画展は地域に残された様々な資料から戊辰戦争に下野の人々がどのように関わり、どのような形で明治時代を迎えたのかを改めてたどっていこうとするものです。

 慶応四年一月の「鳥羽伏見の戦い」で新政府軍が勝利したその翌月、新政府側は東山道・東海道・北陸道の三手に別れ東進を開始します。
 そのうちの東山道軍ですが、同年4月11日に江戸城が無血開城された後、江戸を脱走した旧幕府軍と交戦するに至り、下野が本格的な戦いの舞台となったのです。
 展示ではおおまかな戊辰戦争の概容と、下野というローカルな場所に特化した各藩の動向を示す関連史料を豊富に展示してありました。
 でも、下野の各藩は譜代も多かったのに、結果的に全部が新政府軍に恭順してしまうのですけどね・・・。地勢的にも仕方がなかったのかなあという気もします。
 古文書や絵図が圧倒的に多かったですが、その他にも戊辰戦争で使用された武器(主に銃関係)も特集し、外国から新式の銃を入手した新政府軍が旧幕府軍を圧倒していった武力格差も一目瞭然になっており興味深かったです。
 私もここ10年くらい全国を行脚していますが、4,5年前から栃木県内の戊辰関連史跡を巡っておりましたので、そのまとめという意味でもいろいろ勉強になりました。
 ただ欲をいえば、県内各所に戊辰戦争で戦死した人の墓を初めとして関連史跡がけっこうあるので、そういう所も出来れば写真パネル等で紹介してほしかったです。
 下野で旧幕府軍をうちやぶった東山道軍はこの後、東北方面へと進軍していきます。

 ところで、上の展示ポスター写真を見ていただくと、幕末を彩る二人のイケメンの肖像が写っていますが、左が会津藩の山川大蔵、右が新選組の土方歳三です。ちなみに、土方歳三は宇都宮の戦いで足を負傷し、その後会津へと転戦していきます。
 このポスター(&ちらし)の影響からか、展示には新選組ファンと思われる若い世代の方の姿がちらほら見受けられました。とてもセンスを感じさせるポスターだと思います。
 会期が今週末までとなっているので、幕末史に関心のある方は是非ご覧になられると良いと思います。


   栃木県立博物館 宇都宮市睦町2-2
  栃木県立博物館

 
 
 

 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【戊辰戦争~慶応四年下野の戦場~(栃木県立博物館)】

 このところ、野暮用で少々忙しいのですが、その合間をぬって先週栃木県宇都宮市にある栃木県立博物館へ行ってきました。同館では現在、企画展「戊辰戦争~慶応四年下野の戦場~」が開催中です。(6月10日まで) 【展示趣旨】 下野は江戸幕府の聖地、日光を擁し、日...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

山川大蔵は、来年の大河ドラマでは玉山鉄二さんが演じるそうでして
やはりイケメンのイメージなんですね。

妹の捨松さんの墓なら、数年前に行きましたよ。

餃子は食べましたか?

ぽち。

小生も、壬生の常楽寺でポスターを見ました。
確かに雰囲気の良いポスターですよね。しばらくポスターに見入ってしまいました。

Re: こんばんは。

 四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 山川大蔵は、来年の大河ドラマでは玉山鉄二さんが演じるそうでして
> やはりイケメンのイメージなんですね。
>
> 妹の捨松さんの墓なら、数年前に行きましたよ。
>
> 餃子は食べましたか?
>
> ぽち。

「八重の桜」、主演以外のキャストもすでに発表されてたんですね。 山川大蔵⇒玉山鉄二さんですか。ちょっと線が細すぎるような気もしないでもないです・・・。

 大山(山川)捨松の墓は那須の方にあるんでしたっけね。(まだ行っておりません)
 この2,3年宇都宮へ行くことが多いのですが、だいたい餃子屋に寄って帰路に着きます。

 ぽちも有難うございます。励みになります~♪

Re: タイトルなし

 酔いどれJohnny様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 小生も、壬生の常楽寺でポスターを見ました。
> 確かに雰囲気の良いポスターですよね。しばらくポスターに見入ってしまいました。

 壬生町でも貼ってありましたか。私も2ヶ月前にちらしをもらったのですが、なかなか良い印象の印刷で関心しました。
 展示も興味深かったですが、お墓の紹介がほとんど無かったのが残念です。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。