スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢城(山形緊急城攻め七)

 米沢城の歴史は古くは鎌倉時代にさかのぼるとの伝承がありますが、はっきりしません。
 天文年間(1532~1555年)、伊達稙宗・晴宗父子の間で一族・周辺氏族を巻き込んだ「天文の乱」が勃発しますが、後に和睦し、天文17年(1548年)晴宗は陸奥西山城より本拠を米沢城へ移し、城と城下町を整備しました。
 天正19年(1591年)、豊臣秀吉の命により蒲生氏郷が42万石で配されると、伊達政宗は岩出山へ転封し、伊達氏の米沢支配はここで終わります。
 慶長3年(1598年)、上杉景勝が会津120万石で入封すると、家臣の直江兼続が城の改修を行ったといいます。
 ところが、慶長5年(1600年)、関ヶ原合戦で西軍に属した景勝は戦後30万石に減封られ、米沢へ移されますが、この後二の丸を普請し、そこに居館を置きました。
 慶長13年より城の本格的な整備が行われ、三の丸及び外堀の造営、本丸・二の丸の改修が行われました。幕府への遠慮もあり、石垣は築かれず、天守も建設されませんでした。
 松川の西岸扇状地に立地する米沢城は本丸を二の丸が囲み、さらに三の丸が囲む輪郭式の平城となっています。本丸には明治以降、「上杉神社」が鎮座しています。
 観光的には、JR米沢駅よりやや遠い(歩いて30分、車で10分強)のが玉にキズです。

 米沢へは昨年もこの時期に2度来ていますが、桜の開花前と開花後でちょうど満開の時期を逃してしまいましたので、今年は桜開花が例年より遅れたこともあり、7分咲きくらいで見ごろだったのが嬉しかったです。
 やはり、一年を通して桜の時期が最も観光客で賑わいますし、撮影より一月経過してしまいましたが、春の名残を感じていただけますでしょうか。

米沢城e

米沢城f



 毎年恒例の「上杉まつり」を翌日に控えており、城址付近にはたくさんの出店が並んでいました。
米沢城b


  たなびく「龍」の旗印
  米沢城a


 参道にある米沢藩・中興の祖、上杉鷹山の像。ここで記念撮影する人も多いです。
 上杉鷹山


 その向かい側の広場にある上杉謙信の像。この写真を撮影していたら、近くにいたカップルに「すみませんが、カメラのシャッター押していただけますか」と言われました。やはり人気があります。
 上杉謙信像

 
 昨年設置されたばかりの、「天地人」直江兼続(右)、上杉景勝の像。
 造った方には申し訳ありませんが、見ていると観光客の反応はイマイチな印象(存在に気づかず、スルーしている人たちも多い)銅像設置にあたっては、それぞれ単独で造ればよかったのに・・・と個人的には思います。
直江兼続・上杉景勝像


 「伊達政宗生誕の地」の石碑 奥州の雄・伊達政宗はこの米沢城にて出生しました。
米沢城d


 参道の左手の土塁を上がると、かつて上杉謙信の遺骸が葬られていた祀堂跡があります。明治以降、謙信の遺骸は上杉家廟所へ改葬されました。周囲では大学生ぐらいの若い人たちがシートを敷いて、花見に興じていました。
米沢城g


 上杉謙信祀堂跡より眺めた伝国の杜・上杉博物館。
 かつてここには真言宗の20の寺院があったとされ、発掘調査の結果大乗寺など8寺院が確認されました。その跡地に博物館が建てられました。
 なお、明治以降大乗寺の僧侶が還俗して神官となり、その子孫が上杉神社の宮司をされています。
上杉博物館B



 明治9年、旧本丸奥御殿跡に設けられた上杉神社。日頃は閑散としていますが、この日は参詣者が行列していました。
上杉神社


 上杉神社の右手奥にある宝物館「稽照殿」。ここには有名な直江兼続の「愛」の前立付兜や、上杉氏ゆかりの品々が納められています。
稽照殿


 昨年3月の震災で建物が被害を受けたため数ヶ月にわたり休館していましたが、現在第一展示室のみ公開しています。(この日は時間がなかったので見学しなかった)
 稽照殿2


 本丸南西隅に鎮座する春日神社。上杉鷹山が学問・武芸に励むことや、行動や賞罰に不正の無いこと等を誓った誓詞を奉納しました。
春日神社


 本丸南にある菱門橋。この景色も桜の時期ならでは。この橋の右手にかつては馬出が設けられていました。(現存せず)
米沢城c



 前日行った鶴ヶ岡城と比較するとやはりこちらの方が一回り小規模な感じがしました。

                   つづく


過去記事   ご当地キャラ♪「かねたん」
         【駅弁】牛肉どまん中 「花の慶次」ヴァージョン(JR米沢駅) ※昨年4月来訪時の記事



 いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【米沢城(山形緊急城攻め七)】

 米沢城の歴史は古くは鎌倉時代にさかのぼるとの伝承がありますが、はっきりしません。 天文年間(1532~1555年)、伊達稙宗・晴宗父子の間で一族・周辺氏族を巻き込んだ「天文の乱」が勃発しますが、後に和睦し、天文17年(1548年)晴宗は陸奥西山城より...

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。