スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小村寿太郎の墓

 城下町を取り巻く酒谷川を西にわたった所に、五百撰(いおし)神社という少々寂れた神社があり、その裏手には墓地が広がっています。
 この神社の敷地は、元々「報恩寺」という伊東氏の菩提寺があり、明治になって廃仏毀釈となり寺がなくなってしまい、お墓だけが残されたようです。

小村寿太郎の墓

小村寿太郎の墓


小村寿太郎(1855~1911)は明治期に活躍した外交官ですが、ここ飫肥藩の下級藩士の家に生まれました。

小村寿太郎生家(生誕地とは別の場所に移築されています)
小村寿太郎生家

 学生時代のつたない知識をたどれば、陸奥宗光の治外法権の撤廃、小村寿太郎の関税自主権の回復、という風にセットで記憶したのが思い出されます。

 寿太郎が幼少時、父親が事件に巻き込まれ、破産してしまい、家屋敷も人手に渡さざるをえないという逆境の中で彼は勉学に励み、藩校「振徳堂」では優秀な成績を修めていたそうです。

振徳堂


 明治維新後上京し、大学南校(東大の前身)で学んだ後、ハーバード大へ留学し、帰国後は司法省、その後外務省に入省します。
 薩摩や長州といった藩閥外の、小藩の出身だけに苦労したようですが、やがて陸奥宗光に引き上げられたことで外交官として出世し、後に外務大臣に就任します。
 日露戦争後のポーツマス講和会議に日本全権として出席し、ロシア側の全権ウィッテと交渉し、ポーツマス条約を調印するに至りますが、この時の講和条件が国民から激しく非難を浴び、彼は体調を崩してしまった程打ちのめされたそうです。(彼にしてみれば、必死に何とか自国に有利な条件を引き出そうと努力したのに、それを国民から理解されなかったのですから、気の毒ですね)

 明治41年(1908年)、第二次桂内閣の外務大臣に就任し、不平等条約の改正に取り組みます。ついに、明治44年(1911年)に日米通商航海条約を調印し、悲願であった関税自主権の回復を果たしましたが、同じ年の11月に結核のために神奈川葉山の別邸で亡くなりました。
 小村のエピソードとしては、大変小柄な人だったようで、身長が145センチ程度しかなかったそうです。また、奥さんが大変悪妻で、小村の今わの際に奥さんの姿はなかったそうです。政治上は大変活躍した偉人の一人ですが、家庭的には恵まれなかったんですね。

 小村の墓の周囲には小村家のご先祖の墓がありました。
 なお、彼のお墓は東京の青山霊園にもあり、以前お参りしたことがありますが、東京の方が本墓だと思います。
 また、NHKで放映予定の歴史ドラマ「坂の上の雲」にも今後、小村は登場すると思います。

★いつもお読みいただき、有難うございます ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ   人気ブログランキングへ  


関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 有名人の墓(か行)

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。