スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統の桜草(国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑)

 先日、千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館で開催中の「洛中洛外図屏風と風俗画」展を紹介しましたが、次は同じ歴博の施設である“くらしの植物苑”で開催中の特別企画
「伝統の桜草」のご紹介です。(5月6日 日曜まで)

くらしの植物苑は同じ佐倉城内にありますが、歴博の建物から歩いて10分弱くらいの場所にあります。
 歴博 くらしの植物苑

 【展示趣旨】
 当館くらしの植物苑では、2002年より「伝統の桜草」と題して、桜草の展示を行ってきました。「伝統の桜草」とは、江戸時代中頃以降、園芸家によって野生種の中から変わった花が探し出され、多くの品種が作り出されてきた一連の桜草をさします。花の色は紅色から白色、花の形も平弁からつかみ弁までとさまざまです。こうした多様な花色・花形の桜草を主に、近年作出の八重咲きの品種や野生系の品種を含めた約300品種の桜草を展示いたします。また、2003年に寄贈された桜草花壇によって伝統的な鑑賞方法も再現いたします。併せて、栽培方法や楽しみ方などをパネル等で解説する予定です。


 上の説明にもありますように、江戸時代中期以降、江戸の人々の間では園芸が盛んに行われていたんですが、春には桜草を楽しむのが流行っていたそうです。
 当時の記録によると、隅田川上流の尾久原(現在の荒川区)では桜草が自生しており、人々は弁当などを持参して「桜草の花見」をするのが行楽のひとつだったそうなんですね。
 その昔は戸田や浮間ヶ原など荒川沿いに普通に花畑があったそうなんですが、現在ではさいたま市南西部の「田島ヶ原」のみ自生しているという話です。

 ひな壇のような展示台に屋根やよしずの壁で囲い、花の咲いた鉢植えを並べた「桜草花壇」は伝統的な鑑賞方法で、今回の展示でも再現されていました。花壇の前で正座して眺めるのが正しい鑑賞法だそうです。(以下、写真はクリックで拡大します)
 他にもハウス内の展示などありましたが、なにしろ桜草の鉢がたくさんありすぎて、とても全部は撮影できませんでしたので、そのうちの一部をお口直しにお楽しみください。
 いつもは史跡写真しか基本撮影しませんので、花写真の撮影は正直あまり慣れておりません。。。
 伝統の桜草1
 伝統の桜草3
 伝統の桜草2


 桜草ですが、現在までに実に300種!もの品種があるらしいのですが、ネーミングも雅やかというか洒落たものばかりです。
 色は白、ピンク、紫系を中心に花弁の形も様々。「可憐」という言葉がピッタリな花たちです。(以下、サムネイルをクリックで拡大します)

   藤の里                         吹上桜
  サクラソウ1  サクラソウ2


   夕栄                          紅葉の里
  サクラソウ3  サクラソウ4


   紫鑼                          瑶台の夢
  サクラソウ5  サクラソウ6


   無礼講                         東鑑
  サクラソウ7  サクラソウ8


   匂う梅                          蛇の目傘
  サクラソウ9  サクラソウ10


  写真が多いので続きます。

いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。