スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将軍家光のご落胤

 増上山広度院大善寺はもともと小早川隆景の居城・新高山の麓にありましたが、隆景が三原城に拠点を移したことに伴い、寺も三原城下へ移転しました。この寺は隆景夫人“問田の大方”の菩提所でしたが、彼女は隆景亡き後、毛利氏の転封に伴い山口へ引越し、そこで亡くなったのでここに墓はありませんん。
 大善寺

 その代わりといってはあれですが、寺の境内に三原浅野家第四代・浅野忠義の母・月渓院の墓があります。
 月渓院は実は三代将軍・徳川家光の「ご落胤」だということです。
 墓は塀で囲まれ、一般人が入れないようになっていました。
 月渓院の墓1

 伝えられた話だと、なんでも月渓院は江戸城中でひょんなことから三原浅野家第三代・浅野忠真と出会い、彼に「一目ぼれ」したのだとか。忠真にはすでに正室がいたにもかかわらず、彼女のたっての願いにより、忠真の許へ側室として輿入れしたということです。いわば「押しかけ女房」ですね。後に月渓院は跡継となる息子の忠義を生みました。
 その話を裏付けるように、大善寺は徳川家より5000石の化粧料を受けていたといいます。

 この徳川家光の落胤の話はあまり世の中では知られていないのではないでしょうか。将軍の姫君が「認知」されず、大名ではなくて陪臣のもとへ嫁ぐというのもイマイチよくわからない話です。
 その昔、「三原には過ぎたるものが3つある。3万石にふさわしからぬ大きな城(三原城)、葵の紋所大段幕、そして過ぎたる智者鈴木方衛(日光東照宮の難工事にあたった)」といわれていたそうです。このうち、2番目の「葵の紋所大段幕」がこの大善寺と月渓院にあたります。
  月渓院の墓2

 
 ※すみませんが、所用のため2~3日お休みさせていただきます。

いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【将軍家光のご落胤】

増上山広度院大善寺はもともと小早川隆景の居城・新高山の麓にありましたが、隆景が三原城に拠点を移したことに伴い、寺も三原城下へ移転しました。この寺は隆景夫人“問田の大方”の菩提所でしたが、彼女は隆景亡き後、毛利氏の転封に伴い山口へ引越し、そこに墓はありま...

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。