スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飫肥城下を歩く(一)

   飫肥城大手道

 さっそく、飫肥城大手門を出て、飫肥の町を歩いてみることにしましょう。
 先日ご紹介した、「食べあるき・町あるきMAP」も忘れずに。
      飫肥食べあるき町あるきMAP


1豫章館と庭園

一番上の写真のむかって左側にあります。

豫章館

 MAPを受付で提示して入ります。明治維新後、旧飫肥藩主の伊東家が移り住んだ屋敷だったということです。庭に大きなクスノキがあった事から、豫章館と名づけられました。
 この日、建物内で地元のご婦人たちが会合を開いていたようで、お邪魔にならぬようざっと見学して終わりにしました。

2小村記念館

 この豫章館と大手道を隔てて向い側に「小村記念館」があります。(一番上の写真の向って右側)
 飫肥の出身であった、明治期の外交官・小村寿太郎の資料館と集会所が併設されています。MAPを提示すれば入れます。うっかり、外観の写真を撮りそびれてしまいました。小村については、後述します。

3旧山本猪平邸

 旧山本猪平家
 
 MAPを提示して、入ります。飫肥の裕福な商人の家です。もともと、この地所は小村寿太郎の父親の屋敷があったところで、寿太郎もここで生まれました。山本家の右隣に石碑があります。
小村寿太郎生家跡地

 しかし、寿太郎の父親がとある事件に巻き込まれ、破産してしまい、家土地を手放さざるをえず、土地の南半分を買い取ったのが山本猪平でした。
 この家は、小村寿太郎が飫肥へ帰ってきたときのために建てたという家伝があるそうです。
 受付で、小村を記念したお菓子「寿太郎巻き」を販売しています。

       寿太郎巻き

 寿太郎巻きはMAPについている引換券も利用できますが、私は他所で引換券を使い果たしてしまったため、実費で購入し、自宅用のお土産にしました。


4商家資料館

 商家資料館


 明治3年(1866年)に地元の山林地主の方が飫肥杉を使用して建てた土蔵造りの家です。江戸時代の商人が使用していた道具類が展示されています。
 ここでは、MAPの引換券で「姫アイス」をいただきました。

      姫アイス

                       つづく

★いつも応援、ありがとうございます ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ   人気ブログランキングへ  
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。