スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三原浅野家の墓

 元和5年(1619年)、広島城を無断で改修したとして福島氏が改易されると、替わって紀州より浅野家が42万石で入封します。そして、三原城には筆頭家老・浅野忠吉が入り、以後明治維新まで浅野氏が代々城主を務めました。
 今回紹介するのは、三原浅野氏の菩提寺・無量山正寿山妙正寺(日蓮宗)です。

 妙正寺はJR三原駅の北西にあります。急な坂をひたすら登っていきます。坂の右側は桜並木となっており、その風景を写生している人がいました。
 妙正寺1

 
 山門に着きました。
 妙正寺2


 このお寺は桜の名所で有名みたいです。この日、境内の桜がほぼ満開だったのでカメラ片手に参詣されている方の姿もちらほら。
 妙正寺3


 三原浅野家の墓地へ。門扉の鍵が閉まっており、中へ入らせていただきたかったのですが、あいにくこの日、本堂で声楽のリサイタルが行われており、中から女性たちの声で滝廉太郎の「花」が聞こえてきます。「春のうららの隅田川~♪」という有名な歌です。
 叙情あふれる美しき日本の歌。「もののふの心」と共に、大切に後世へ伝えていきたいものです。
  


 お寺の方たちもイベントでお忙しそうだったので声かけは遠慮しました。
 最近はお寺でも法要以外のイベントを色々やってますね。
 しかし、私の場合「花より墓」のため、仕方がないので墓地の裏手から撮影&合掌 
 歴代のお墓が良好な形で残されています。
 妙正寺4

 最近新しくお読みいただいている方、どうも有難うございます。申し遅れましたが、私はここ数年ほど、全国を墓参りで行脚しております。もともと墓参りがメインでしたが、最近はお城の方にもシフトしています。宜しくお願いします。

 ところで、妙正寺さんのある付近は三原でも桜の名所みたいで、すぐ近所の公園も桜が満開。地元の方たちがのんびりとお花見を楽しんでいました。
 私も正直、もう少し花見を楽しみたかったのですが、まだまだ廻らねばならない箇所があり、後ろ髪引かれる思いで春爛漫の公園を後にしました。
 妙正寺5


                 
                       つづく

いつもご覧いただき、どうも有難うございます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。