スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新高山城(一)

 小早川隆景の墓参をした後、小早川氏の居城であった新高山城へ向かいました。
 この旅は一月前から準備してきたわけですが、体調不良により取りやめようかとも思ったのですが、遠方ですし次何時来られるかわからなかったので、主人に車の運転を頼み、同行してもらいました。
 実は以前、ちょうどこれぐらいの時季に岡山の津山城を訪れた際も体調不良を押して行ったところ、現地で40度の熱を出し、救急で地元の病院にお世話になったという苦い経験があり、今回も途中で限界が来たらその時点で諦めて中止することにしました。

 小早川氏は安芸国沼田(ぬた)荘の地頭で、代々沼田川東岸にある「高山城」を居城としていましたが、天文21年(1552年)沼田小早川氏を継いだ隆景が沼田川の対岸に新しい城である「新高山城」を築き、そちらへ移りました。
 慶長元年(1590年)、隆景が隠居所と定めた三原城へ本拠を移したため新高山城は廃城となり、新高山城にあった石垣はその大半が三原城の改修に利用するため運ばれたといいます。

 新高山城の縄張図です。(クリックで拡大) 山城の場合、縄張図はある程度頭に入れておきましょう。
新高山城縄張図



 麓の駐車場から見た新高山城。峻険な山城です。(標高190m)体調不良の中、久しぶりの山城攻めです。気をひきしめて行かないと。。。
 新高山城は山城としての難易度は低~中程度だと思いますが、急斜面を登り降りする場合があるので登山靴とまではいかなくても、しっかりとしたトレッキングシューズで行くのがおすすめです。
 飲料水やちょっとした食べ物(チョコレートなど)も必ず持参しましょう。
 新高山城9



 三原市本郷南7丁目に三原市の水道施設がありますが、道沿いに看板が出ていますので見落とさないように。
 なお、向こう方に見える山は今回行かれなかった「高山城」です。
 新高山城3


  民家のわき道を入っていきます。
 新高山城4


 細い道をしばらく行くと、山道への入口に案内板があります。ここに竹製の杖が置いてありますので、自分の背丈に合った竹杖を借りていくと後々役立ちます。登山用ストックを持参するのもいいでしょう。
 新高山城1

 新高山城2


 山道は整備されていますが、けっこう急な斜面もあり、すぐ息が上がってしまいます。
 するとのっけから、石垣の痕跡が。
 新高山城8


 最初の曲輪である「鐘の段」への入口。登山道を離れ、矢印方向へ行ってみます。
 新高山城7


 ここが「鐘の段」。
 現地案内板によると、「城山の南斜面中腹に、半独立的な小丘をなしている郭で鐘の段とよばれる。
 この鐘の段は、北方背後に土塁も設けた二郭、東側に大小二郭、西南側に三段の郭を配している。
 鐘の段を中心としたこれらの郭は、地形、縄張りなどから見て、中世初期の独立した山城(丘城)の形態をなしており、この部分の築城年代は古いものと思われる」とあります。
 つまり、ここには新高山城築城以前から砦のようなものがあったと思われます。
 なお、下の写真にも映っていますが、ここに仮設トイレがあります。(あまりおススメできないが、どうしてもガマンできなくなった方に)
 新高山城10

 奥の斜面を登ると高台になっていましたが、今は雑木が生い茂って城下への見晴らしはよくありません。
 新高山城11


 元来た登山道へ引き返し、しばらく登ると「番所跡」の入口があります。
 新高山城6

 
 案内板
 新高山城5

 
 湾曲した土塁があります。今は雑木が生い茂ってしまっていますが、木々の合間から城下が見えたので、番所が設けられていたというのが想像できます。
 新高山城12


                                 つづく

 過去記事 ひろしまの城と戦(広島県立歴史博物館)
 
 
 よろしければ、こちらをクリックお願いいたします。いつも応援有難うございます。
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

すごい根性

体調不良なのに山城を攻めたのですか、すごいですね。
私なんか日頃スタミナを自慢していますが、体調が狂うと途端に意気地なしになってしまいます。
A☆六文銭さんの「城めぐり」に対する執念を感じます。

三原の駅前にも城があるのを何度も通過して見てますが、そこではないのですね。
そこら辺まではまだまだ手を広げられません。
お体お大事に。

こんばんは。

山城登山、お疲れ様でした!

でも、体調不良時の登山は危険ですよ
あまり無理をなさらないように

ぽちっとな。

Re: すごい根性

柴様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 体調不良なのに山城を攻めたのですか、すごいですね。
> 私なんか日頃スタミナを自慢していますが、体調が狂うと途端に意気地なしになってしまいます。
> A☆六文銭さんの「城めぐり」に対する執念を感じます。

> 三原の駅前にも城があるのを何度も通過して見てますが、そこではないのですね。
> そこら辺まではまだまだ手を広げられません。
> お体お大事に。


 お見舞いの言葉、有難うございます。3月中旬までは普通に元気だったのですが、急に体調がおかしくなり、現在通院しています。
 旅行前まではヘロヘロでしたが、投薬のおかげもあって、この日はなんとかもちまして、ぶっ倒れずにすみました。

 三原城ですが、この翌日行ってきました。後日更新(ちょっと遅くなるかもしれませんが)しますので、よろしくお願いします。
 4月に入りましたが、まだまだ気候も不安定なので、どうぞご自愛くださいませ。

Re: タイトルなし

 四十路様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> こんばんは。
>
> 山城登山、お疲れ様でした!
>
> でも、体調不良時の登山は危険ですよ
> あまり無理をなさらないように
>
> ぽちっとな。


 そうですね。。。少々無茶をしたかもしれません。いけませんねえ。
 最近パワーダウン気味なので、早く体調を治して、また歩き出したいものです(笑)

 ポチもどうも有難うございます。。。(^ω^)
 
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。