スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また消える懐かしい風景・・・長野電鉄屋代線

 本日、2012年3月31日をもって、開業90年の歴史を誇る長野電鉄屋代線が廃止になります。
 実はこの路線が廃止になるという事を昨年聞いてにわかに信じられなかったのですが、とうとうこの日が来てしまいました。今日は「さようなら、ありがとう 長野電鉄屋代線」ということで地元では記念イベントが行われた模様です。

 長野県民でもなく、熱心な鉄道ファンでもない私がなぜ屋代線の廃止について思いを寄せるところがあるかと言いますと、実は使用車両が旧営団地下鉄日比谷線で使われていたものを転用していたからなんですね。
 私の実家は日比谷線の沿線にあるもので、幼い頃から生活の足として頻繁に利用してきました。
 長野へ旅行に来て、はじめて屋代線に乗車した時、どこかで見たことのある車両だなあと思ったら、子供の頃日比谷線を走っていた車両だと聞いて納得しました。この時、懐かしい電車に再会出来て、なんだか嬉しく感じたことを覚えています。
 
 屋代線(屋代~須坂)は大正11年(1922年)に開業した長野電鉄で最も歴史ある路線です。にもかかわらず、マイカーの普及や少子高齢化によって、年々利用者数が落ち込み収益が悪化。累積赤字は50億円を超えたそうです。また設備の老朽化が進み、この先維持費として30億円もの費用がかかることから、とうとう廃止という結論に達したということでした。

 「これは廃線になる前にぜひ乗っておかねば!」ということで、私共夫婦は昨年の12月、「記念乗車」してきました。
 実は私もここ4,5年はこの方面へやって来るとバス利用が多く、屋代線を利用していませんでした。(バス便の方が移動時間が短くて済むので便利という理由からだったのですが、今にしてみればもう少し電車に乗っておけばよかったと少々後悔しております)

 
 長野電鉄屋代駅からスタート。
 長野電鉄屋代線6(屋代駅b)


 時間があったので、駅のホームを少し撮影します。木造の古びた待合室。
 長野電鉄屋代線1(屋代駅a)

 上方に時刻表がありましたが、近年は一日14本の運行だったんですね。
 長野電鉄屋代線8(屋代駅d)


 ちょっと暗くなってしまいましたが誰もいない待合室の中。時代を感じます。
 長野電鉄屋代線7(屋代駅c)


 
 車両は日比谷線3000系を転用したものです。
 長野電鉄屋代線3(屋代駅e)

 
 車両へ乗り込みます。子供の頃乗った日比谷線の車両そのままです。(調べてみると、平成7年(1995年)くらいまで日比谷線で使用されていたそうです)
 この後電車が動きはじめましたが、お客さんの数はまばら。
 長野電鉄屋代線2


 乗車中、隣にいた主人が懐かしそうに言いました「子供の頃、ドアの窓から何か見えないかと思って、よくつまさき立ちして外を見ようとしてたんだよね~結局真っ暗だから何も見えないのにね(笑)」
 この頃のドアの小窓は上方にあって、小学校低学年くらいだと背が届かないのです。主人の言葉に、ああ、自分にもそんな事があったっけかなあ・・・。
 長野電鉄屋代線18


 車窓を眺めたり思い出話をしているうちに、下車予定の松代駅へ近づいてきました。
 直前、車窓からは松代城が見えました。(後述します)
 長野電鉄屋代線5


 松代駅へ到着。
 長野電鉄屋代線11(松代駅g)

 (※写真数が多いので、追記をクリックしてください↓)
 いつもはさして気にとめることもなかった松代駅ホームをパチリ。
 長野電鉄屋代線10(松代駅c)


 降車したホームにあった、これは何ていうんでしょう。ポイントを変更するものですよね。
 長野電鉄屋代線12(松代駅d)


 他の乗客たちはみな地元の方と見えて、そそくさと改札口を出ていってしまいました。
 検札の駅員さんを待たせてしまうのもあれなので、あわてて私も改札を出ました。
 長野電鉄屋代線9(松代駅b)


 松代駅の改札と小さな待合室。
 長野電鉄屋代線16(松代駅f)


 壁には、地元の方々が廃線に反対する旨書かれた新聞記事などが貼ってありました。
 4月以降は代替バスが運行されるようですが、お年寄りなど交通弱者にとっては不便になりそうですね。
 時代の趨勢とはいえ、複雑な心境です。
 長野電鉄屋代線4(松代駅h)


 松代駅。これもいずれ取り壊されてしまうのでしょうか???一応、駅前で記念写真を撮っておきました。
 長野電鉄屋代線15(松代駅a)


 松代で半日過ごした後、夕方再び屋代線へ乗りました。これが最後の乗車です。次来た時はもう乗れないかと思うと、一抹の寂しさがよぎります。それと、自分の子供の頃の思い出も遠のいていってしまうようで:・・。
 やはり記念乗車と思われる「鉄っちゃん」らしき男性の姿も2人くらい見かけました。(デジイチで色々撮影しておられました)
 長野電鉄屋代線14(松代駅e)


 夕暮れの中を列車は走り、とうとう終点の須坂駅へ。長野線への乗換時間が2分しかなかったので急いで撮影。
 さようなら、屋代線(というか昔の日比谷線)・・・(´;ω;`)ノシ 心の中でそっと別れを告げました。
 長野電鉄屋代線17(須坂駅)


 切符は下車する時駅員さんに頼んで乗車済みのスタンプを押してもらい、記念に持って帰りました。
   長野電鉄屋代線13


 参考サイト 長野電鉄

  DVDで屋代線を偲びましょう♪
  
駅物語 長野電鉄屋代線・木島線 [DVD]駅物語 長野電鉄屋代線・木島線 [DVD]
(2012/01/22)


商品詳細を見る



 少々長文になってしまいましたが、最後までお読みいただき有難うございます。  
  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

おろっ、小生も日比谷線沿線ですが・・・
長野電鉄屋代線で走っていたとは知りませんでした。

Re: タイトルなし

酔いどれJohnny様
 こんばんは。コメントどうも有難う御座います。

> おろっ、小生も日比谷線沿線ですが・・・
> 長野電鉄屋代線で走っていたとは知りませんでした。

 おやおや、沿線にお住まいだったんですね。
 ここに来れば「昔の日比谷線」に乗れると思っていたんですが、今日をもって廃線になってしまい、残念です。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。