スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の仙台・街とくらし(仙台市歴史民俗資料館 旧第四連隊兵舎)

 JR仙台駅より東方約1km、宮城野大通りの左手の丘にある「榴岡公園」。その名の通り、昔はこの地はツツジの名所であったといいます。伊達政宗が岩出山から城を移す際、新しい城の候補地の一つであったそうです。
 元禄年間に、四代藩主・伊達綱村が生母・三沢初子の冥福を祈るため京より一千本の桜木を取り寄せて植栽したことから、今度は桜の名所として有名になり人々の憩いの場となりました。
 
 時代が変わって明治8年(1875年)、編成された第二師団歩兵第四連隊が仙台城二の丸から移転・駐屯しました。
 当然、兵舎が建てられたわけですが、そのうちの一棟が現存し、現在仙台市歴史民俗資料館の建物として使用されています。
 木造2階建ての寄棟造、瓦葺の兵舎は宮城県内で最古の洋風建築です。
 仙台市歴史民俗資料館1

 仙台市歴史民俗資料館2

 明治28年頃の第四連隊の兵舎を描いた絵です。(同資料館所蔵)
 仙台市歴史民俗資料館4

 このブログでは有名人の墓やお城関係が主ですが、その一方で、実は古い建物を見て歩くのが好きだったりします。
 外観だけ見て帰ろうと思いましたが、雪が降っていたこともあり、中へ入ってみることにしました。
 先述したように、この建物は元兵舎でしたので、展示室の一部に当時の内部の様子が復元されていました。
 仙台市歴史民俗資料館3

 ところで、同館では現在、特別展「昭和の仙台・街とくらし」を開催中です。(4月15日まで)
 
 【展示趣旨】
 戦前から「杜の都」として知られていた仙台の街は「昭和」という一時代に、空襲と戦後の復興で中心部の様相は大きく変わりました。一方、人々のくらしは昭和30、40年代の「高度経済成長」と「エネルギー革命」の中で大きく変わっていきました。
 この特別展ではわずか数十年の時間の中で姿を変えた、仙台の街の風景とくらしの道具について写真と実物資料でご紹介します。


 この資料館では民俗資料や、仙台の近現代史に関する事を扱っているようです。展示品のほとんどが市民の方々からの寄贈だと聞きました。
 今回の展示でも、昭和時代に使われていた電化製品とか、生活用品とか、そういったものが多数展示されていました。撮影するのを忘れましたが、昭和40年代くらいに初めて売り出されたものすごくでかい食器洗浄機が置いてあってびっくりしました。(元所蔵者の方の家で最近まで物置に眠っていたそうです)
 仙台市歴史民俗資料館6
 仙台市歴史民俗資料館5

 正直なところ、私はあまりこの手の民俗資料には関心がないのですが、戦前から戦後の仙台市内の様子を撮影した写真も色々展示してあって、これには興味がもてました。
 たまたま学芸員さんがおられ、話を伺ったところ、昭和20年7月30日の仙台空襲の際、連隊の駐屯地であったこの場所はなぜか空襲に見舞われず、むしろ仙台城方面がやられたとのこと。すなわち、あの段階では国民の戦意をそぐため、軍の施設よりもむしろ民間の居住区を狙ってB29が焼夷弾を落としていったことがわかります。
 最後にこのような一枚の写真が。昭和33年ごろ、地元の小学校で行われた運動会での一コマです。
 仙台市歴史民俗資料館7

 この写真はポスターにも使用されていたのですが、ちょうどこの写真が撮影された当時、仙台が戦争のつめ跡から復興を遂げつつあった頃で、子供たちの笑顔にそれが現れています。
 昨年、仙台は大震災に見舞われたこともあり、子供たちの笑顔こそが復興の証であるというメッセージがこの一枚の写真に込められているような気がしました。

 それにしても、この建物自体明治時代に建てられたという古いものですが、学芸員さんにお尋ねしたところ、昨年の大地震では壁面の剥がれなどが数箇所あった他は建物にはほとんと被害がなかったそうです。
 平成12年に同館が開館するにあたって耐震補強工事を施していたことが幸いだったようです。全国的に見ても旧軍関係の施設はほとんどが取り壊されてしまい現存していませんし、震度7という大地震にも耐えた貴重な建物ですから、これからも大事に保存していただき、次世代へ伝えていってほしいものです。


 この後、仙台駅の近隣で買い物などをし、駅ビル内のレストランで牛タンを食べて帰京しました。
 今回はカメラのトラブルなどもあり予定通り廻れませんでしたが、また仙台には近々足を運びたいと思っています。

  (仙台篇 終わり)


 参考サイト 仙台市歴史民俗資料館
 


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。