スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壬生城再現シンポジウム「よみがえれ!幻の本丸御殿」

 壬生町シンポジウム

 去る3月11日(日)に栃木県壬生町で開催された「壬生城再現シンポジウム~よみがえれ!幻の本丸御殿」に参加しました。
 これは、すでに紹介した壬生町歴史民俗資料館で開催していた企画展「壬生城本丸御殿と徳川将軍家」の関連行事として行われたものです。

 パネラーは西ヶ谷恭弘(日本城郭史学会代表)、浅野伸子(放送大学准教授)、笹崎明(日本城郭史学会委員)の各氏。

 最初にお三方による講演が行われました。お城の専門家として有名な西ヶ谷氏は、壬生城の成立過程や特徴などについてお話されました。氏によると、この城は北条氏長(小田原北条氏の一門)や山鹿素行の軍学の影響を受けているとのご指摘でしたが、興味深かったです。なお、西ヶ谷氏は40年前くらいに壬生城址に来られたことがあるそうです。

 次に日本建築史がご専攻の浅野伸子先生が、壬生城と宇都宮城、古河城など他の「宿城」との比較について、複数の絵図を参照しつつ、わかりやすく解説されました。
 最後に、今回お城の模型を手作りされた笹崎明氏が、模型制作の過程や壬生の城下町の成り立ちなどについて、ユーモアを交えながら語られました。

 その後、お三方と壬生町長・小菅一弥氏が加わり、討議が行われました。パネラーの方たちからは、将来東追手門だけでも復元してみては?という提言がなされました。
 最後に小菅町長からは壬生城の歴史的価値を今一度思いおこし、今後も歴史や文化を尊重した町作りに生かしていきたいという旨まとめられました。(この町長さんは話の端々に教養が感じられ、感心しました)
 こうして和やかな語らいのうちに、シンポジウムは閉会しました。

 聴衆はざっと数えて、150人~160人くらい。地元の方がほとんどだったと思いますが、皆さん熱心にパネラーの方々の話に耳を傾けていました。遠い方で兵庫県姫路市から来訪されていたそうです。(おそらく、日本城郭史学会の関係者と見られますが) 
 私も壬生町とはまったく関係がなかったのですが、約3時間半ほどの間、パネラーの方々のお話を楽しく拝聴させていただき、古代から歴史ある町ですので、今後も城址や史跡などを大切にしていただきたいと思いました。

 なお、シンポジウムの途中の午後2時46分、東日本大震災への弔意表明のため、全員で黙祷が行われました。

 

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【壬生城再現シンポジウム「よみがえれ!幻の本丸御殿」】

  去る3月11日(日)に栃木県壬生町で開催された「壬生城再現シンポジウム~よみがえれ!幻の本丸御殿」に参加しました。 これは、すでに紹介した壬生町歴史民俗資料館で開催していた企画展「壬生城本丸御殿と徳川将軍家」の関連行事として行われたものです。 パネ...

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。