スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精忠神社

 つづき

 壬生城の北西隅に、壬生藩鳥居家の家祖・鳥居元忠を祀る「精忠神社」があります。(城址公園に隣接)
 精忠神社1


 鳥居元忠(1539~1600年)は徳川家康の幼少時から仕えた「股肱の臣」であり、関ヶ原合戦の前哨戦である伏見城の攻防戦では石田三成軍に攻められ、壮烈な最期を遂げた武将として有名です。
 家康の天下統一の過程で、いわば「捨石」にされたといっても過言ではないでしょう。
  鳥居元忠画像


 小さい社の裏手には、元忠が伏見城内で自害した時の「血染めの畳」が埋められたという「畳塚」があります。
 家康は元忠の「血染めの畳」を江戸城伏見櫓の階上に置き、登城した大名たちに元忠の精忠を偲ばせたといいます。
 明治維新の際、江戸城が開城された時に、「血染めの畳」は持ち出されて精忠神社隅へ埋められ、供養されました。
畳塚2(精忠神社)

 
  畳塚1(精忠神社)

 元忠の命日〈旧暦8月1日)には勇壮な武者行列が行われていましたが、昭和の初期頃廃れたそうです。
 なお、同神社では鳥居家ゆかりの品を所蔵しており、このうち「馬標」が歴史民俗資料館で展示されていました。

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

コメントの御礼

コメントをありがとうございました。
次回記事はぜひご検討いただき、
その後とも継続的なトラックバックで
末永いご愛顧をお願い申し上げます。

オープンジャンル「日本史同好会」
日本史を100倍楽しもう!管理人:住兵衛

とても興味深く読ませていただきました
まさか、母親の実家近くに このような場所が有ったとはビックリしました。(壬生町羽生田)

Re: コメントの御礼

 住兵衛様

 こんばんは。コメント有難うございます。
 こちらこそどうぞ宜しくお願いします。

> コメントをありがとうございました。
> 次回記事はぜひご検討いただき、
> その後とも継続的なトラックバックで
> 末永いご愛顧をお願い申し上げます。

Re: タイトルなし

 酔いどれJohnny様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> とても興味深く読ませていただきました
> まさか、母親の実家近くに このような場所が有ったとはビックリしました。(壬生町羽生田)

 それは奇遇ですね! 壬生町ですが、「町」の割にはけっこう広範囲みたいです。
 古墳がいくつかあったりして古代から歴史があるんですね。もし何か機会があったら、お出かけになってみてください。

 今回は徒歩だったので廻れませんでしたが、実はJohnny様もご関心があるであろう戊辰戦争の史跡も少しですがあったんです(お墓、石碑等)。
 次の記事で多分、その辺をごく一部ですが記述できると思いますので、もうしばらくお待ちくださいませ。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。