スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壬生城

 昨年でめでたく日本100名城スタンプラリーも終了しましたので、今後は関東近郊の城巡りをしていきたいと思います。

 東武宇都宮線壬生駅で下車します。
 壬生駅

 駅前の道路をまっすぐ100Mくらい行きますと、「蘭学通り」と呼ばれる道に突き当たるので右手(北方面)へ進みます。
 「蘭学通り」の名前の由来は、江戸時代後期、この地で蘭学が盛んだった事から名付けられたようです。
 この辺り、個人商店がいくつか立ち並んでいましたが、コンビニが一軒もありませんでした。
 蘭学通り

 300Mくらい歩いて古い門構えの家の角を左折し(西方向)進むと、城址公園が見えてきます。駅から歩いて10分弱くらいです。
 壬生城7


 道路沿いに復元ですが壬生城の二の丸門があります。一昔前までここに中学校があったそうなのですが、平成元年に城址公園として整備されたということです。ここから中へ入ってみます。
 壬生城1


 壬生城は文明年間(1469~86)に壬生綱重によって築かれたといわれます。その後、綱雄の代まで居城として機能し義雄の代で居城を鹿沼城を移し、壬生城には城代を置きました。
 天正18年(1590)、小田原の陣に際し時の当主であった壬生義雄は北条方に与しましたが小田原城は開城、北条氏は滅亡します。義雄はその直後に病死。跡継の男子がいなかったことから所領を没収され、壬生氏は没落します。
 その後、壬生城には日根野氏、阿部氏、三浦氏、松平氏、加藤氏と短期間に城主が入れ替わり、正徳2年(1712)に鳥居忠英が3万石で入城してからは、明治維新まで鳥居氏7代の居城として存続しました。


 
 復元された土塁。壬生城には本丸、二の丸を中心に、三の丸、東郭、下台郭、正念寺郭の6つの郭があり、これらの郭は土塁と塀で囲まれていました。
 壬生城5

 ただし、当時ここには水堀はなく、本来は空堀だったようですね(現地案内板写真より) 石垣は築かれない土塁の城ということで、典型的な関東の城ということが言えると思います。
  壬生城2


 この辺りが壬生城の本丸だったわけですが、前回の記事でも書いたとおり、明治4年に城が下げ渡され、廃藩置県よりも前に取り壊されてしまったので、当時の面影は全然残っていませんでした。なお、壬生城には天守や櫓といった建物は建てられませんでした。また、当時の城門が小山市の民家に移築され残っていると聞きました。
 噴水の向こうにある中央公民館の辺りに、徳川将軍の宿所であった本丸御殿があったそうです。
 敷地内には公民館のほか、図書館、歴史民俗資料館という文化施設が建っています。
 壬生城3


 ところで、壬生城の外郭にはかつて「丸馬出」「三日月堀」があったというんですね。資料館で開催中の展示(過去記事⇒「壬生城本丸御殿と徳川将軍家」参照)にもそれらが記された絵図が展示されてました。(いずれも現存せず)
 お城ファンの方なら、この二つを聞くとピンと来ると思うんですが、どうやら江戸時代の初めに城を整備した際、甲州流の築城術の影響を受けているんですね。これにはちょっと驚きました。
 元禄年間に3年ほど松平(大河内)家が入封していたのですが、その頃城普請が盛んに行われたようで、しかも松平家の重臣に大河ドラマ「風林火山」の主人公・山本勘助の係累の人がいたそうなんですね。おそらく、「丸馬出」「三日月掘」が築かれたのはこの人の影響ではないか、と思われます。


 城の遺構があまり残っていないのはさびしい限りですが、公園内をぐるぐる廻って、少しだけ見つけました。

 七代藩主・鳥居忠宝が隠居所を造る際、近隣にある「吾妻古墳」から石を持ってきて、庭石にしました。
 壬生城6

 これも「吾妻古墳」の玄門で、同じく忠宝の隠居所に設置されました。いったい、何に使ったんでしょうかね!?
 お殿様も古墳から石をかっぱらってくるとは、随分強引というか、あまり関心しません(汗)
壬生城4

 
 蛇足ですが、壬生町には古墳がいくつか存在するようで、古代から開けていた土地だと考えられます。

                     
                       つづく
 


    
より大きな地図で 壬生町城址公園 を表示


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 城めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックのお願い

大勢の日本史ファンのために、あなたの記事の
トラックバックを、ぜひお願いします!
オープン・ジャンル「日本史同好会」
~日本史を100倍楽しもう!~
http://history.blogmura.com/tb_entry108861.html

Re: トラックバックのお願い

住兵衛様

 はじめまして。コメント有難うございます。

> 大勢の日本史ファンのために、あなたの記事の
> トラックバックを、ぜひお願いします!
> オープン・ジャンル「日本史同好会」
> ~日本史を100倍楽しもう!~
> http://history.blogmura.com/tb_entry108861.html

 自分もブログ村に参加していますので、どうぞ宜しくお願いします。

こんばんは。

白黒写真の土塁はもう残っていないんでしょうか?
もったいないですね~

役場の周囲が馬出しっぽく見えるけど…
気のせいかな?

ぽち。

Re: こんばんは。

 四十路様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 白黒写真の土塁はもう残っていないんでしょうか?
> もったいないですね~
>
> 役場の周囲が馬出しっぽく見えるけど…
> 気のせいかな?
>
> ぽち。


 そうなんですよね。。。遺構がほとんど残ってないから、ちょっとさびしいですよね。白黒写真は40年以上前の時の物らしいです。
 ブログ書いていて、紹介できるところが少ないのでそう思いました。

 ぽちも有難うございます~(^ω^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。