スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災から1年の仙台へ行ってきました

 東日本大震災から一年の仙台へ行ってきました。(3月10日)本当は昨日記事を書いたほうが良かったのですが、少々疲れてしまい、今日になってしまいました。
 朝5時過ぎくらいに自宅を出て、JR東京駅へ。雪が降っていて寒い朝でした。
 東京駅から「MAXやまびこ」に乗りこみました。MAXやまびこですが、いつもはなかなか2階席に空きがないのですが、今回は運よく予約できました。
 MAXやまびこ

 
 栃木県を抜けて福島県へ入ると、一面の雪景色です。
 福島雪景色



 東京から2時間20分くらいでJR仙台駅へ着きました。
 震災後仙台へ着たのは昨年の9月の来訪に続き、2度目になります。
 (過去記事⇒「震災から7ヶ月後の仙台」参照)
   JR仙台駅(2012年3月)


 駅の外へ出ますと、福島県ほどではないもののやはりが降っていました。下の写真は夕方時のもので、お昼過ぎからは雪が雨に変わりましたけれど、一日通してとても寒かったです。。。
 そういえば、昨年3月11日もこんな風にかなり寒かったはず。地震直後に駅構内や周囲にいた方々は大変だったに違いありません。
 JR仙台駅前(2012年3月)


 震災から丸一年ということで、様々な思いがよぎります。多くの方々が津波の犠牲となり、いまだに行方不明の方が約3000人いらっしゃると聞きました。大切なご家族、ご友人を亡くされた方々の癒えぬ悲しみは察するに余りあります。
 そして、肝心な震災復興です。4,5日前に宮城県知事の村井さんがTVのニュース番組に出ておられたのですが、一向にガレキ処理が進まず復興の妨げとなっており、全国で協力を仰ぎたいと頭を下げていました。
 なんでガレキ処理が進まないかというと、放射能を含んだガレキに対する警戒感があるからです。一部では他県への持ち込みについて反対の声が上がったりしているようです。
 放射能の拡散を懸念する気持ちもわからぬわけではありませんが、やはり検査をして放射線量に問題のないガレキは出来るだけ速やかに受け入れ、処理すべきだと思います。
 
 このようにガレキ処理が一向に進まない原因を作っているのは、ハッキリ申しますと福島原発の事故のせいです。これだけは本当に余計でした。
 そして、問題の東京電力です。未曾有の大地震でしたし、100歩譲ってあのような大事故がおきたのはやむをえなかった面はあったかもしれません。
 しかし、その後の事故処理や対応について、東電の誠意がまったく感じられません。法人や個人向けの電気料金を値上げすると表明していますが、その前に社員の賃金カットや年金削減など、身銭きる覚悟はないものでしょうか。
 先日も社長は記者会見に姿を見せなかったとか。福島県の住民をはじめ、これだけ多くの人々に迷惑をかけているのというのに、それはないだろうと思いました。
 今すぐに原発を0(ゼロ)にするということは不可能でしょうが、今回の震災で東電がお題目のように唱えていた安全な原子力運用の「限界」が見えてしまったわけですし、段階的に縮小せざるをえないのではないか、と個人的には考えています。
 (実は今まで自分の考えを何らかの形で書き綴りたいとは思っていましたが、今までガマンしていました。でもここまでくると、ガマンも限界です。)
 
 
 ところで、仙台駅構内コンコースでは、「がんばろう東北 絆フェア」というミニイベントを開催していました。(3月20日まで)
 ご当地宮城県をはじめ、被災3県の物産がいろいろと並んでいました。
 下の写真は銘酒のコーナーでしたが、出張帰りや観光客の方が足を止めて、商品を手にとっていました。残念ながら私は下戸なのでお酒は購入できなかったんですけどね。
 他の土産物コーナーでも多くの人々がお土産品を買い求めていて、少しでも被災地の力になりたいという思いが伝わってきました。
 ひとりひとりの小さな善意が被災地への励ましとなり、力となります。
 JR仙台駅構内(2012年3月)

 震災以降、「絆」の一文字がそこかしこで聞かれます。この意味を私なりに考えてみました。
 先日テレビを見ていたら、防災関係のイベントに出ていた人がインタビューでこう答えていました。
 「やっぱり遠くの親戚より近くの他人なんで、少しでも協力しあうのが大事だと思ったんで(ここへ)来ました」
 この言葉、グッとくるものがありました。やっぱり困ったときはお互い様というか、助け合いなんですよね。

 私などヘタレなもので、初対面の人たちと打ち解けるのが苦手なのでボランティアなどにも参加できず、微々たる額の寄付をしただけで、本当に申し訳なく思っています。ですから、被災地で救助活動にあたった自衛隊やボランティアの方々など、その勇気には本当に頭が下がります。

 被災地への協力はひとり一人が今出来る範囲のことをすればいいのではないか、と思っています。ですから、時間的金銭的余裕のある方はできましたら東北地方、とりわけ被災3県に足を運んでいただきたいものです。
 東北新幹線はやぶさの導入で、東北へのアクセスが格段に良くなりました。これから暖かな春を迎えますし、日帰りや一泊旅行など是非ご検討してみては如何でしょうか。

 ※この続きはまた数日後書かせていただきます。
 
 

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。