スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当世具足(板橋区郷土資料館)

 このエントリーよりしばらく、最近見た各地の博物館の展示についてご紹介いたします。

 東京都板橋区にある板橋区郷土資料館では現在、特別展
「当世具足~大名とその家臣団の備え~」を開催中です。(3月25日 日曜まで)

 「当世具足」とは戦国時代から江戸時代初期にかけて作られた、「今流行り 現在風」という意味の鎧のことをいいます。
 名うての戦国大名たちは各々が意匠を凝らした具足を作らせ、見につけることによって戦場において己れの存在感を示しました。
 私自身は甲冑などについて特に詳しいわけではないのですが、今回、信州松代藩祖・真田信之所用の具足が出展されると聞いて飛んできました。
   真田信之


 展示されている具足の金具まわりに、
    ろくもんせん 
がしっかりついていたのを目の当たりにしただけで満足しました(笑) 真田信之は身長が6尺(約180cm)あったといわれ、堂々たる体躯だったらしいので、彼にふさわしい具足だったと思います。江戸時代中もメンテナンスが行われていたようです。
 信之の具足は所蔵先が長野市にある「真田宝物館」ですが、同館へ行ってもタイミングが合わないとなかなか見られませんので、今回東京で見ることができて良かったです。

 ところで、私が行った日はちょうど前田利家所用の「金小札白糸素懸威胴丸具足」(重要文化財)が目玉として出ていました。これは天正12年、佐々成政が前田領の末森城を囲んだとき、出陣した利家が着用していたと伝わる具足で、兜(鯰形兜)および鎧はすべて黒漆で塗られたものに金箔を押したゴージャスなものでした!保存状態もよく、400年後の今でも輝きを失っていなかったのには驚きました。写真撮影禁止ですので、言葉でしかお伝えできないのが残念です。
 この具足は「前田育徳会尊経閣文庫」所蔵のものですが、重要文化財でもあり他所では見学するのもなかなか難しいと思うので、大変貴重なものを見させていただきました。(※期間限定展示だったため、現在は見られません。後期展示は「徳川家宣」所用の具足に変更されています)

 その他、松代藩・真田幸貫着用具足、上田藩松平家伝来眞田神社所蔵の歴代藩主の具足4領、黒羽藩・壬生藩・古河藩・土浦藩・川越藩・一橋徳川家の大名および家臣団の具足、具足櫃に収納されている小道具や文書類などが狭い展示室内に所狭しと並んでいました。
 ちょっと目を引いたのは、歴史書でありながらベストセラーになり、映画化もされた「武士の家計簿」の主人公・加賀藩家臣・猪山家の具足が展示されていたことです。
 なかなか立派な具足でしたが、現在の貨幣価値に換算するとゆうに1000万円はするのだとか!
 ただし、残念ながら明治以降、猪山家から流出してしまったようです。そういえば、著者の磯田さんがあの本を書くとき使用した元史料も猪山家から古本市場へ流出したのを購入したものでしたから、具足の方も何らかの事情で子孫が売り払ってしまったのでしょう。
   
   
武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
(2003/04/10)
磯田 道史

商品詳細を見る



 展示品の大半が甲冑だったのですが、それらに関してあまり難しい知識がなくても、ただ眺めているだけで戦国の息吹を感じられる好企画で、親子連れの姿も見られました。
 (それが、父親に連れられた小学2、3年生ぐらいの子が「真田幸貫が~」とか言っているんです。オイオイ、その年齢で幸貫知ってるんだー、とちょっとびっくりしましたw  ちなみに真田幸貫は「寛政の改革」で有名な松平定信の実子で、真田家に養子に入り老中も務めました)
 なお同展示は、昨年創立50周年を迎えた日本甲冑武具研究保存会との共同開催となっております。
 (月曜休館 入館料は一般300円、小学生~高校生100円、65歳以上と障がい者は150円 ※ただし、3月3日・3月4日は無料)
   当世具足(板橋区郷土資料館)

 参考サイト 板橋区郷土資料館
 
    都営三田線「西高島平」駅下車 徒歩10分強です。
    
より大きな地図で 板橋区郷土資料館 を表示


   人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

これは、面白そうな企画ですね。
遠くもないので、近いうちに周辺の史跡巡りも兼ねて行ってみようかと思います。

ぽち。

Re: こんばんは

四十路様

 おはようございます。コメント有難う御座います。

> これは、面白そうな企画ですね。
> 遠くもないので、近いうちに周辺の史跡巡りも兼ねて行ってみようかと思います。
>
> ぽち。

 甲冑がずらりと並んでいて、壮観です。真田信之など有名人所用のものもありますから、いろいろイメージが膨らみます。
 この機会にどうぞご覧になってみてくださいませ。
 
 ぽちも有難うございます。(^^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。