スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開成館跡 「維新の三傑」が集結

 高知市九反田に「東九反田公園」という△形をした広場がありますが、ここには慶應2年(1866年)に殖産興業・富国強兵などを目的として設置された「開成館」がありました。
 山内容堂の強い支援のもと、後藤象二郎が中心となって運営し、軍艦局・貨殖局・勧業局・火薬局など11の局が設けられ、土佐藩の近代化に重要な役割を果たしました。なお、開成館では中浜万次郎、岩崎弥太郎、細川潤次郎なども活動しています。
 下の方の地図を見てもらえばわかる通り、鏡川沿いの港にも近い場所に建てられたのは水運も考慮してのことと思われます。
 明治2年(1869年)、開港地における府藩県の商会所禁止によりその機能を失ったため、翌明治3年(1870年)、建物は「寅賓館(いんひんかん)」と改称され、外来客の接待所となりました。
 開成館跡

 上の写真の石碑にも刻まれていますが、明治4年(1871年)には西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允がここへ来訪し、板垣退助・福岡孝弟と会談。三藩より「御親兵」〈後の近衛兵)を献上する旨の話し合いが行われたといいます。
saigou ookubo kido

 現在は石碑しかありませんが、それにしてもすごいメンツが集ったものですね。「維新の三傑」が一堂に会したわけですから。

 昭和17年(1942年)、高知の政治家・実業家で作る「大松倶楽部」が開成館跡地に板垣退助の旧邸を移築し、「憲政館」と名付けました。(現地案内板より)
 憲政館1

 昭和40年(1965年)、憲政館は高知市によって建て替えられましたが、それもやがて老朽化し、平成16年(2004年)に取り壊されて、現在の公園になりました。
 ですから、現在は「憲政之祖国」と刻まれた大きな石碑がそれを伝えるのみです。
 憲政館2


   
より大きな地図で 開成館跡 を表示


  ***********************

 なお、開成館の正門は県立高知小津高校(高知市城北町1-14)の敷地内に移築されて現存しています。
 開成館正門


 関連記事 板垣退助の墓 
        木戸孝允夫妻の墓


  人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

おおっ

このような場所が有る事さえ、知りませんでした。

次回の再訪に備えます
教えていただき有難う御座いました。

Re: おおっ

酔いどれJohnny様
 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> このような場所が有る事さえ、知りませんでした。
>
> 次回の再訪に備えます
> 教えていただき有難う御座いました。

 いえいえ、どういたしまして。高知市街から若干離れています。
 市電の「菜園場町」より徒歩15分くらいです。地図を参考になさってくださいませ。
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。