スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO!GO!桂浜

 高知市仁井田の武市半平太の墓を訪れた後、一路坂本龍馬の銅像がある桂浜へ向います。

 桂浜には「高知県立坂本龍馬記念館」があります。外壁は鏡張りの、一風変わった建物でした。
 高知県立坂本龍馬記念館

 実はここへ来るのは初めてだったのでどんな風か少々興味があったのですが、龍馬が最期を迎えた「近江屋」の再現などがあり、写真を撮っている方もチラホラいました。
 地下フロアに龍馬の生涯が紹介されていましたが、個人的にはあまり面白くなかったかな。見せ方にもう一工夫あるといいような感じです。中には熱心に見ている方も・・・きっと龍馬のファンなのかもしれません。
 なお、現在冬の企画展として「野根山二十三士ゆかりの北川家資料」展というのを開催中(3月31日まで)なのでご興味のある方はどうぞ。
 (「野根山二十三士」とは、安芸郡の郷士で尊王攘夷派の清岡道之助以下23名が、捕縛された武市半平太の解放と藩政改革を求めて集結した一件で、これに対して土佐藩は強攻策をとり、23名を捕縛、全員死罪という結果に終わりました。
 今回の展示ではその中の一人、新井竹次郎の子孫の人が寄贈したという史料の一部でしたが、書画が多く、事件に関する史料はあまり出ていなかったようです)

 記念館でお土産品などを眺めて少々ダラダラしてしまい、気がついたら17時近くだったので、あわてて記念館を出、龍馬像を見に行きました。
 以前、悪天候のため断念したので、リベンジを果たしたという感じです。これはお約束ですね(笑)
   坂本龍馬像1(桂浜)


 その後、海岸へ降りて、ざぶーんざぶーんと打ち寄せる波うち際を少々散策。でも夕暮れ時でしかも海風が強くて、寒いのなんの!観光客もさすがに少なかったです。
 桂浜


 気がつけば、空にはうっすらと白い月が・・・さよなら、龍馬。(^ω^)ノシ(さぶ~)
  坂本龍馬像2(桂浜)


    宜しければクリックにご協力お願いします。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

桂浜の風は強いですね

浜に降りた時に、潮の飛沫が飛んできました
ですが、感慨深いものも感じました。

桂浜

酔いどれJohnny様

 こんばんは。コメントどうも有難うございます。

> 桂浜の風は強いですね
>
> 浜に降りた時に、潮の飛沫が飛んできました
> ですが、感慨深いものも感じました。

 そうですね。海風がすごいですね。冬はあまりおススメできませんが(汗)、龍馬や志士たちもこの海を眺めたかと思うと、歴史浪漫を感じますよね。。。(´ω`)
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。