スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐山内家墓所探訪

 先日、急遽飛行機で高知へ行ってきました。
 飛行機からは富士山がキレイに見えました。度々飛行機を利用していますが、ここまでキレイに眺められたのは初めてです。
 富士山


 高知市にある土佐山内家宝物資料館では、去る2月5日まで
特別展「大名家墓所の世界~山内家墓所調査報告~」を開催していました。
 同館では、ここ数年高知市内にある土佐藩主・山内家墓所の調査を行ってきており、その結果判明した事などが展示されていました。
 土佐山内家宝物館

 この特別展の関連行事として、山内家墓所の現地解説会が先日ありましたので、こちらに参加させていただきました。
 山内家は藩祖・山内一豊にはじまり、16代豊範まで江戸時代を通して国替えもなく、土佐一国を預かっていました。
 山内家墓所は鏡川の向こう岸にある「筆山」山中にあります。
 筆山

 先日の現地解説会には主に地元の方々を中心に二十数名が参加していました。中には、私と同様他県からやってきたと思われる「墓マイラー」の人が来ており、常に最前線で一眼レフを使い熱心に撮影していておられましたが、こういう方に比べれば私などまだ序の口のほうです(笑)

 ところで、山内家墓所には東京に墓がある15代・豊信(容堂)を除き、15名の歴代藩主と奥方、側室、家族が眠っています。
 墓所内ですが、ほとんど手つかずの状態で、こういっては何ですがかなり荒れはてていました。
 足元の悪い箇所もあること等で、今回我々が立ち入れたのは広い墓所の中のほんの一部の領域でした。

 私もこれまで、何箇所か大名家墓所を探訪しましたが、歴代藩主のほとんどが国許に埋葬されたという家はかなり珍しいのではないか、と思います。(他の藩などを見ると、江戸の菩提寺に葬られることも多かった)
  山内家墓所1

 墓所は史跡の指定を受けておらず、山内家が所有する私有地となっています。このため、原則非公開ということになっており、今回の見学会は山内家のご理解のもと実施される運びとなりました。
 ただし、山内家のご意志により、墓所内で撮影した墓の写真撮影はOKですが、インターネットや書籍に掲載しないでください、というお話だったため、こちらで紹介できないのが残念です(泣)
 それにしても、普段立入不可の墓所を参詣し、貴重な体験をさせていただけたのは有難いことでした。
  山内家墓所

 なお、山内家墓所の見学会は昨年10月より毎週開催されていましたが地元の方にも好評だったようで、当初開催期間が今年1月末までの予定だったところ、3月末まで延長されることになりました。
 見学会は毎週土日に行われ、事前申し込みが必要となっています。詳しくは山内家宝物資料館までお問い合わせを。

 参考サイト 土佐山内家宝物資料館

 ※高知における他の史跡巡りは後日アップいたします。

   
より大きな地図で 山内家墓所 を表示

 
 過去記事  山内容堂の墓
         鳥取池田家墓所
         松前家墓所
         上杉家廟所
         博多崇福寺(黒田家墓所)
         立花宗茂の墓


 応援有難うございます。宜しければクリックにご協力お願いします。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ 
関連記事

テーマ : 寺巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

山内家墓所

小生も行ってみたかったです。

筆山駐車場から降りてくるのが良いみたいですが、御墓自体が見つかるか自信が無かったので「吉田家墓所」のみにしました。(残念)

Re: 山内家墓所

酔いどれJohnny 様

 こんばんは。コメント有難うございます。

> 小生も行ってみたかったです。
>
> 筆山駐車場から降りてくるのが良いみたいですが、御墓自体が見つかるか自信が無かったので「吉田家墓所」のみにしました。(残念)

 今回行ってみてわかりましたが、筆山はすごく広いんですねえ。。。案内してくれた学芸員さんに聞いたら、吉田東洋の墓へ行くのに道に迷い、わからず仕舞いだったそうです。全体的にあまり整備されてないんですね。
 
 ところで山内家墓所ですが原則非公開で、墓地の入口には鍵がかかっています。上の記事にも書きましたが、毎週土日見学会を実施していて、3月まで開催延長になったそうなので、ご都合がつけば是非参加してみては如何でしょうか?
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。