スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【駅弁】うにめし(JR小倉駅)

 先日所用があり、福岡県北九州市へ行ってきました。
 JR小倉駅で乗換え(今回は下車していません) 小倉駅を利用したのは実に19年ぶりです。
 小倉駅

 せっかくですので、駅弁を買ってみることにしました。駅構内の販売所へ行くと、いろいろな駅弁が並んでいて、思わず目移りしてしまいます。
 小倉駅駅弁屋

 ふと、「かに寿司」が目にとまり、買おうと思ったらあいにく品切れとのこと。(みんな考えることは同じなんですね)
 仕方がないので、「うにめし」(950円)を購入しました。調整元は北九州駅弁当株式会社です。
 うにめし1

 これが食べてみると美味しい!ウニがたきこんであるご飯は色鮮やかなダイダイ色で、目を引くのもさることながら、付け合せのおかず類もポイント高いです。
 カニ爪フライ、レンコン・ゴボウ・ニンジン等の煮物、さわらの西京焼、煮エビ、肉団子、桜漬、わさび漬、缶みかん。それに、ちゃんと数の子ウニもアルミ箔カップに入ってありました。
 うにめし2

 ご飯もおかずもしっかりした味付けで、食べ甲斐がありました。おかず類は酒の肴にしてもいい感じです。見てよし、食べてよしというところで、食べ終わった時の満足感があり買って正解でした。また小倉へ来たらリピしてもいいかもです。

          つづく

  応援有難うございます。宜しければクリックにご協力お願いします。
     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ  
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

わーい小倉だー

妻の実家が北九州八幡で、母も現在そちらでリハビリ中です。
ですから小倉駅は頻繁に利用していますが、駅弁は買ったことがなかったです。
「灯台下暗し」次回トライしてみます。
そうか、先日のロケットはやっぱりあそこだったんですね。

小倉城は行かれたことはありますか?
隣に「松本清張記念館」もありますよ。

Re: わーい小倉だー

 柴様
 こんばんは。コメント有難うございます。

> 妻の実家が北九州八幡で、母も現在そちらでリハビリ中です。
> ですから小倉駅は頻繁に利用していますが、駅弁は買ったことがなかったです。
> 「灯台下暗し」次回トライしてみます。
> そうか、先日のロケットはやっぱりあそこだったんですね。

 そうでしたか。。。それでは勝手知ったる場所ですね。
 駅弁の売店へ行ったら、色々な商品が目白押しでした。ロケット・・・ですが、“スペースワールド”ですね。

> 小倉城は行かれたことはありますか?
> 隣に「松本清張記念館」もありますよ。

 残念ながら、まだ小倉は観光したことがないのです。今回も時間的制約があり、下車できませんでした。
 「松本清張記念館」は一度行ってみたいので、今後の課題にしたいと思ってます。どこかおススメのスポットがありましたら、お教えいただけますか?

小倉名物

北九州には2年ほど住んでたこともあるんですよ。
他の地域の方は福岡と言えば、博多も北九州も同じように思っているでしょうが、気風が違いますね。
北九州の方が断然荒い。「無法松の一生」なんてご存知でしょうか?あんな感じ。
国も筑前と豊前で分かれてますからね。

「清張記念館」以外に小倉駅近くの繁華街にポツンと「森鴎外旧居跡」なんてのもあります。

小倉城の天守はコンクリートの博物館ですが、石垣は苔むしてなかなかいい具合に仕上がってます。
あとは小倉の台所「旦過(たんが)市場」ですね。

小倉を離れると「門司港」あたりかな。
門司港駅の駅舎と「バナナの叩き売り」を見て、レトロな町並みでコーヒーを一杯。
泊まりは「門司港ホテル」がいいでしょう。

それと博多方面に行く途中にある「宗像大社」は押さえておくべきでしょう。
ここは日本書紀にも出てくるように大和朝廷のルーツがあるのではないでしょうか。
大分の宇佐神宮とここは別格だと思われます。
(宇佐神宮は和気清麻呂がわざわざ「道鏡を天皇にさせるか」神託を伺いに行くほどの格式があった。)

他にいろいろあるけど、A☆六文銭さん好みではないかもしれません。

Re: 小倉名物

 柴様

 こんにちは。コメント有難うございます。

> 北九州には2年ほど住んでたこともあるんですよ。
> 他の地域の方は福岡と言えば、博多も北九州も同じように思っているでしょうが、気風が違いますね。
> 北九州の方が断然荒い。「無法松の一生」なんてご存知でしょうか?あんな感じ。
> 国も筑前と豊前で分かれてますからね。
>
> 「清張記念館」以外に小倉駅近くの繁華街にポツンと「森鴎外旧居跡」なんてのもあります。
>
> 小倉城の天守はコンクリートの博物館ですが、石垣は苔むしてなかなかいい具合に仕上がってます。
> あとは小倉の台所「旦過(たんが)市場」ですね。
>
> 小倉を離れると「門司港」あたりかな。
> 門司港駅の駅舎と「バナナの叩き売り」を見て、レトロな町並みでコーヒーを一杯。
> 泊まりは「門司港ホテル」がいいでしょう。
>
> それと博多方面に行く途中にある「宗像大社」は押さえておくべきでしょう。
> ここは日本書紀にも出てくるように大和朝廷のルーツがあるのではないでしょうか。
> 大分の宇佐神宮とここは別格だと思われます。
> (宇佐神宮は和気清麻呂がわざわざ「道鏡を天皇にさせるか」神託を伺いに行くほどの格式があった。)
>
> 他にいろいろあるけど、A☆六文銭さん好みではないかもしれません。


 丁寧にお教えいただき、有難うございます。お住まいになっていただけあって、流石にお詳しいですね。
 
 「無法松の一生」といえば坂妻の当たり役でしたね。小倉駅に「無法松弁当」という駅弁がありました。海に近いから、人々の気性にも影響しているのでしょうね。
 「小倉城」ですが、幕末に焼けてしまってますね。。。今回時間があったら下車して見てみたかったのですが。次回の楽しみにとっておきます。そういえば、文豪・森鴎外ゆかりの地でもありましたね。(松本清張が「ある小倉日記伝」で書いてますが)

 北九州の辺りは古代から開けていたようですね。海上交通が発達していたこともあるかもしれません。大分方面ですが、宇佐や国東の方にも足を伸ばしてみたいですね。
 福岡へは何度か来ていたんですが、移動の関係上パスしていた小倉。日本一周を志したとはいえ、まだまだ未踏地域がありますので、今後のリストに入れておきたいと思ってます(^^)♪
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。