スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の博物館

 「城山三郎」展のつづきです。

 展示を見終わった後、港の見える丘公園の中にあるティールームで休憩しました。

ティールーム

 ここで、私は季節限定の「薔薇ケーキ」を、家族の者は「桜ケーキ」を注文しました。甘さ控えめで美味しかったです。ほのかに、春の香りがしてきました。ちょうど今は、窓辺から見えるローズガーデンで薔薇が見ごろになっているんですよ。

 その後、根岸にある「馬の博物館」という所へ行ってみました。現在、特別展「戦国の城と馬」(←クリックで博物館のサイトへ)を開催しています。

馬の博物館

 「馬の博物館」というのは今回初めて知りました。この地で戦前、根岸競馬というのが開催されていて、その関係で設立された博物館みたいです。

 内容は戦国時代の人と馬の関係について、古文書や絵画、発掘資料からその実像に迫るものとなっています。展示物は関東を中心に、数軒の博物館から取り寄せたものが多かったです。
 この時代の武士にとっては、馬はなくてはならない存在だったですよね。戦場に行くにも、必ず馬を連れていきましたし、物資を運ぶのも馬の役目でした。
 当時の馬は今でいう木曽馬みたいに、短足の小柄な馬だったはずですよね。

 下の写真は山梨県の甲府城に展示してあった、武田家の馬の骨格標本?(複製)を撮影したものです。(今回の展示にも甲府市から借りてきたようで、出品されていました)

武田家の馬

 なんでも、武田氏館の西曲輪に葬られていた馬なんだそうです。発掘された時、遺体に筵がかけてあったので、ていねいに埋葬された形跡がうかがわれます。
 説明によると、武田信玄あるいは息子の勝頼が使用した馬ではないか?ということです。本当なんでしょうか(笑)
 でも、こんな所にも持ち主さんの死んだ馬に対する愛惜の念が感じられますよね…。

 そのほか、馬の装具についてなどの資料があり、戦におもむく時の様子など知ることができました。
 そういえば、大阪城天守閣から借りてきた合戦屏風などもありましたが、そちらは過去に大阪城で見た記憶がありました。(大阪城は過去に3回くらい行っております)

 日本古来からの在来馬は、現在では日本にいる馬全体のたった2パーセントしかいないのだとか。今となっては貴重な馬さんたちなので、大事に飼育していただきたいものですね。
 
 なお、同展示は6月6日(日)まで開催中ということです。


★いつも応援ありがとうございます ↓
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ    

 
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

そういや、一時期日本には騎兵がなかったとか言ってる学者さんがいたのですが…どうなんでしょうね?
馬上戦闘の流派がある、鐙もある、
弓とはいえ、騎馬戦の歴史もある…のに騎兵の運用がゼロってのはある意味辻褄が合わないような気もするのですが…。

トマ様

> そういや、一時期日本には騎兵がなかったとか言ってる学者さんがいたのですが…どうなんでしょうね?
> 馬上戦闘の流派がある、鐙もある、
> 弓とはいえ、騎馬戦の歴史もある…のに騎兵の運用がゼロってのはある意味辻褄が合わないような気もするのですが…。


 「騎兵がなかった」と言い切っちゃうのはどうなんでしょうかねえ。
 近代以後、陸軍に騎兵隊がいましたけど、あながち西洋の真似っこのみではないですよね。
 
ブログランキング
「もののふの心」および歴史的遺産を後世に伝えましょう♪
うさぎ
  ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ご注意 ごくたまに、「城」「史跡」「お墓」等の話題が、ドラマ関連やその他のカテゴリとして登録されている場合があります。
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
おきてがみ
お気軽にどうぞ(お返事が遅くなる場合があります)
プロフィール

A☆六文銭

Author:A☆六文銭
ブログテーマ
日本100名城完全制覇と有名人の墓めぐり(掃苔)
日本100名城スタンプラリー終了・・・2011年7月、根室半島チャシ跡群にて、無事100名城完全制覇しました。
2010年5月、47都道府県踏破済み。(離島を除く)
歴史の現場を、実際歩いて確かめることをモットーに、全国を行脚中。いつかあなたの住む町へ行くかもしれません。
東京生まれ東京育ち。
大卒後、音楽関係の仕事、専業主婦、現在は零細企業で総務関係の仕事をしています。

★当ブログ内の文章、写真等はすべて無断転載禁止です。宜しくお願いします。
★当方と連絡を取りたい方は、下部メールフォームからお願いします。(ご感想はなるべくコメント欄のほうにお願いします)
※Twitter、Facebookはやってません。

最新記事
おすすめ書籍
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。